社長ブログ

社長ブログ

家づくり

自分らしい建具を選びましょう!

家づくりにおいて、建具のデザインや機能を選ぶことは楽しくもあり頭を悩ますところでもあります。


建具は、建物の中で床、天井、壁に次いで面積を大きな面積を占めるので、お部屋の印象を決定づけるのに大きな役割を担っているといえます。


建具にも『既製品』と『造作』があります。
当社では自然素材を多用する家づくりをしているため、それにマッチングしやすいよう、建具職人さんが手づくりした造作建具を採用するケースが多いのですが、多くの住宅会社は既製品を採用されています。

建具を既製品にするか造作にするかは住宅会社選びにも関わって来ると思います。


では、『既製品建具』と『造作建具』の違いとは?


『既製品建具』の長所
・調整や取り付けが簡単。

『既製品建具』の短所
・木で出来ていない。
・数年で廃番になる製品が多いため、メンテナンスができず、ドアごと取り換えになる。


『造作建具』の長所
・一般に出回っていない、お施主様や森本工務店のオンリーワンである。
・無天然無垢材の家に馴染む。

『造作建具』の短所
・天然素材のため、湿度等により建具が反るなどして開閉しにくくなる場合があり調整が必要な場合がある。
(メンテナンスは家具職人が対応できるので安心ですけどね。)



ご家族に生活スタイルや好みに合った建具にこだわって、素敵な空間をつくりましょう!

祝 地鎮祭

本日はお日柄も良く地鎮祭を執り行わせていただきました。

地鎮祭の開始前、参会者には手を清めて式場に入っていただくのですが、幼いお子様達の『柄杓(ひしゃく)』の扱い方が素晴らしい!

手慣れた手つきで、きちんと両手を清めていました。

 








 ↑ 所作がかっこいい!

ご両親様の教育が素晴らしいなーと感じました。


また、祭事中、『切麻散米(きりぬささんまい)』という紙吹雪?を神主さんが四方に撒くのですが、撒いた紙い紛れて『隠れミッキー』を発見!












 ↑お子さんが発見してくれました!

子供のものを見る力ってスゴイですね~

地面に埋まっているミッキーをひっくり返してみると、リボンが付いたミニーの方でした。

お子様方に色んなことを教えていただけた、とても楽しい地鎮祭でした。

おめでとうございました。

祝 地鎮祭

本日はお日柄もよく地鎮祭を執り行わせていただきました。





































こちらのお施主様は森本工務店での新築工事は2回目です!

今までお住まいになられていた築38年の建物は中古住宅として売却されたのですが、とても良い建物だったため、あっという間に買主様が決まりました。

新しい買主様も「築38年経っても、とても良い建物だ。」と仰っていただきました。


地鎮祭の際、お施主様から森本工務店を再び選んでいただいた理由をうかがうと、

「建物が何年経っても良いから。」

「アフターサービスが良いから。」

「担当営業の橋本さんが良いから。」

とお話しくださいました。

感激です!

また、同じお言葉をいただけるようスタッフ一同頑張ります!


本日は誠におめでとうございました。



↑ 梶谷係長(一級建築施工管理技士)作の『盛り砂』もきれいに仕上がっています。

土地の選び方

土地探しから家づくりを検討される際、下記のように、順番を間違われる方が多いので気を付けて下さい。

× ①土地探し ②資金計画 ③建物プラン
  ※希望通りの建物が建てにくくなります。

○ ①資金計画 ②建物プラン ③土地探し
  ※お客様にあった理想の家づくりが出来ます。

詳しくは、森本工務店 営業スタッフにお問い合わせ下さい。
分かり易く説明いたします!

想いを形にする技術

これは、当社の現場監督が描いたスケッチです。













 
このスケッチが・・・

  












こんな素敵な玄関に!

平面図だけでは、現場やお施主様に伝わりにくいかったり、自身で材料を選別するのにイメージを膨らますために描かれたりします。










  ↓














現在、現場監督の省力化だけでなく、現場監督を存在させない色々な工務店や住宅会社が増えています。

建物を企画住宅化したり、協力業者さんにお任せするなどして『ゼロ現場監督』化に取り組まれています。
技術者不足、働き方改革など様々な理由はあると思いますが、森本工務店では考えられません。

お施主様の想いを汲み取り、それを現場で形にするためには現場監督が絶対必要です!

家づくりは森本工務店の現場監督(工務課)にお任せ下さい!

只今修行中!

我が社の社員大工3年目の神田君と2年目の岡野君が、今夜も加工場で腕を磨いています!

 ↑ 自分で作った『墨刺し(すみさし)』で木材に線を引く19歳

仕事で疲れているにもかかわらず、一心不乱に『鑿(のみ)』『鋸(のこ)』『曲尺(さしがね)』など大工道具を駆使して頑張っています。

電動工具を使えば早くできるかもしれませんが、あえて手道具で木材を刻み、組み合わせていきます。

たとえば、木材を切るのに電動ノコギリを使えば早く出来るかもしれませんが、それでは木材の堅さやクセが分かりません。
まずは、手の感触で木材の性質を見極めながら加工していくことが、木造を手がける大工には大切です。

最近の家づくりは、『鑿(のみ)』などを使わなくても、工場で出来たものを組み合わせて出来てしまう家づくりが多くなってしまいましたが、
森本工務店では、木のことを知り、適材適所に、お施主様に手作りの木造住宅をお届けしたいと考えています。

そのためには、自社で大工さんを育てるしかありません。

彼らの現在の努力が将来花開くためにもしっかりとサポートしていきたいと思います。

 ↑ 木の感触を確かめるように『鋸(のこ)』を引きます。

彼らは、

「やればやるほど上手くなるのが分かる!」

「楽しい!」

と言ってくれています。

頑張れ神田君、岡野君!棟梁と呼ばれるその日まで!

↑ 先輩大工が修行でつくった『継手(つぎて)』

雨降って地固まる

本日もお日柄も良く新築現場の地鎮祭を執り行わせて頂きました。

お天気は少々雨模様でしたが、「雨降って地固まる」のことわざの通り、雨が降ることにより、土地が固く締まり、よい状態になる意味から、地鎮祭の日の雨は縁起がよいとされています

素晴らしいスタートを切ることが出来ました!

おめでとうございました!

住宅は室温より体感温度が大切!

 朝晩は涼しい風が気持ちよい季節になってきましたね~

窓を開けて、優しい風を感じ、虫の音色を聴きながら寝るのが楽しみのひとつです。

※嫁さん曰く、布団に入ったら10秒以内にガーガーイビキをかいて寝てるそうですが・・・(>_<)


 日中は、まだまだ暑いですが、窓を開けて風が入ってくると気持ちいいですよね!

建築学的に温熱的快適性に①気温 ②湿度 ③気流 ④放射(ふく射) ⑤代謝量(人の動き) ⑥着衣量 の6要素があり、それらのバランスにより快適になったり、不快になったりします。

たとえば、『気流』では、高温でも風があれば涼しく感じ、低温で風が強いと体熱が奪われてより寒く感じます。

また、湿度が10%下がれば体感温度は1℃下がり、風速が1mあれば体感温度が1℃下がります

 
 最近、ちまたで建築されている住宅の多くは、省エネ・ローコストを意識するあまり、家の窓が小さくなり、エアコン頼りの生活が増えています。

確かに夏、室温を下げるにはエアコンは有効ですが、体感温度や快適性は、木陰の涼しさにはかないません。

 冬暖かく夏涼しい家づくりには、建物の性能値だけでなく、身体で感じる気持ちよさをしっかり考えたいですね。

消費税

来年(2019年)の10月1日より消費税が10%になる予定です。

例えば、2000万円の工事の消費税が、

 → 8%の場合 2160万円(税込み)

 →10%の場合 2200万円(税込み) 

 その差は40万円!

 大きいですよね。


消費税を8%で家を建てたり、リフォームするには、2つの方法があります。

2019年9月30日までに建物を完成し、お引き渡しが完了すること。

2019年3月31日まで工事請負契約を締結すること。
(完成・お引き渡しが2019年10月1日以降になっても、消費税率は8%対象となります。

しかし、『すまい給付金』など、消費税率が上がっても住宅取得者の負担を緩和する制度もありますので、いつ工事をするのがお得なのか、森本工務店にお気軽にお問い合わせ下さい!

ハウスメーカーは高いんですね~

昨年度の決算書等から集めたれたハウスメーカー各社の『注文住宅1棟単価』が業界紙に掲載されていました。

1.三井ホーム:4,000万円
2.住友林業:3,780万円
3.積水ハウス:3,729万円
4.パナホーム:3,549万円
5.大和ハウス:3,430万円
6.旭化成ホームズ:3,254万円
7.セキスイハイム:3,060万円
8.ヤマダS×Lホーム:2,784万円
9.ミサワホーム:2728万円

ちなみに当社は2,639万円でした。

一般の消費者の皆さんはハウスメーカーより地元工務店の方が高い!と思われているようですが、実際は逆なんですね。

豪華な総合展示場、立派なパンフレット、莫大なTV宣伝広告費など、すべては建物の金額に入っていますので、そういったモノにお金をかけるより、本物の材料、建物自体にお金をかけたいですよね。