社長ブログ

社長ブログ

家づくり

祝 上棟

本日はお日柄も良く上棟を執り行わせていただきました。

現場に入ると木の香りと大工さん達がトントン木を叩く音が気持ちい良いですね~


大工さんが叩くものと言えば金槌(かなづち)・トンカチですよね。

『槌(つち)』は、鑿(のみ)を叩いたり、釘を打ったり、道具を手入れする用途に使われます。

鑿(のみ)を叩く『槌』は「玄翁(げんのう)」と呼ばれているんですよ。



 ↑ 釘を打つための『金槌』を持つ若手大工さん

大工さんが道具を駆使してつくる木造住宅っていいですね。

おめでとうございました。

祝上棟

 本日はお日柄も良く上棟を執り行わせていただきました。

素晴らしいお天気の下、大きな平屋のご新築なので、大工さん達は大変ですが、工事は順調に進みました。


 ↑ ギャラリーのご近所の皆様にも「立派な材料を使っているね。」と褒めて頂きました!

街並みに合った美しい建物の完成がとても楽しみです。

おめでとうございました!

完了検査

建物が完成しましたので、全社員で完了検査を行いました。


 ↑ 街並みに溶け込んだカッコイイ建物ですね~

 ↑ 工事中も床下は奇麗にしていますが、念を押して、隅々まで再チェックします。 


 ↑ 女性目線、加工職人目線からもチェック!


 ↑ 先輩社員から多くにお学びを得ることが出来ます。



 ↑若手社員大工も技術取得のため細かくチェック!

この竣工検査は、お引渡し前の最終チェックを兼ねて、デザインや収まりなどの意見交換を行い技術向上の勉強会も兼ねています。

すべてはお施主様のために!

日本の伝統的な建築技術は凄い!

 本日もお日柄がも良く上棟を執り行わせていただきました。

 おめでとうございます!


風光明媚な好立地での新築工事、若手大工たちのキビキビとした動きが見ていて気持ち良いですね~


大工さんといえば、先日『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』{ 2020年2月5日(水)放送済み}という番組で、大工道具を特集したコーナーがあり、
多くの友人や知人から「森本工務店で見たり聞いた話がテレビでやっているよ!」との連絡をいただきました。

慌ててみようとしても時すでに遅し、見ることが出来ませんでした。(TT)

しかし!現代は便利な世の中ですね~

様々な方法で見逃した番組を見ることが出来ます!

友人が送ってくれたその番組を見てみると、普段社員や若手大工がやっていること、言っていることのオンパレード!

たとえば、「左官」と「右官」については『スタッフブログ』(2016年10月04日吉岡課長)でお話ししていました。

また、『四方鎌継ぎ』については弊社内に展示してありますし、森本工務店『ツイッター』『インスタグラム』でもご覧いただけます。

ぜひ、木造住宅の魅力を感じたい方は、弊社にお気軽に遊びに来てください!

祝 地鎮祭

 本日はお日柄も良く今年1棟目地鎮祭を執り行わせていただきました。




青空の下、冷たい風が吹くことなく、素晴らしいスタートを切ることが出来ました。

ご近所の皆様も良い方ばかりで、現場の環境は素晴らしいので、着工が楽しみです。

おめでとうございました。

祝地鎮祭

本日はお日柄も良く、素晴らしいお天気の下、地鎮祭を執り行わせていただきました。



こちらの新築現場は、敷地後方少し離れたところに山があり借景が素晴らしく、小高い立地で災害にも強そうであり、公園が近くにあって、交通アクセスもバツグンな素敵な場所です。
うらやまし~


完成がとても楽しみですね。

おめでとうございます!

プルキンエ現象

高速道路の標識は緑色ベース、一般道の道路の標識は青色ベースですよね。

 ↑ 左:一般道  右:高速道路(画像はWikipediaより)
なぜでしょうか?

実は理由があって、建築の教科書によると、

「明るいところでは555nmの波長(緑~黄)が最も敏感であり、暗いところでは視感度にズレを生じ、青~青緑色が最も強く感じられる。この現象を『プルキンエ現象』と言う。」とあります。

この『プルキンエ現象』ようするに、人間の眼は、明るいところだと緑色を認識しやすく、暗いところでは青色が認識しやすくなるということなのです。

一般道の道路標識には電灯は設置されていることは稀です。

夕暮れ時や夜間に運転手から道路標識を視認してもらいやすくするため、一般道の道路標識には青色ベースになっているそうです。

このことは一級建築士、二級建築士、インテリコーディネーター問わず出題される問題です。

ということは安心安全な建物をデザインをするうえで、とても大事なことと言えます。

物を見る場合、昼と夜、照明が有る無しで見やすさが変わってくるので、特に店舗設計・看板作成時には気を付けたいですね。

倉敷市の『若い世代が建てる平屋住宅』と『一部二階建て平屋住宅』

 本日、当社のホームページを解析した下さった方から、下記の2現場が掲載以来ずっと多くの方に見ていただいていますよ。との解析結果を教えて下さりました。


施工事例『若い世代が建てる平屋住宅』 ←こちらをクリックすると見ていただけます。



施工事例『一部二階建て平屋住宅』 ←こちらをクリックすると見ていただけます。

どのお宅も素敵な家ばかりなのですが、平屋のニーズが高いのでしょうか?

瓦屋根は地震に弱くない

大きな地震や大型台風の被害があった後、破損した瓦屋根にブルーシートが応急的に被せられたテレビのニュースを見る機会があります。

それを見ると、「瓦屋根は弱いのでは?」と思われているのではないかと心配になります。

実際に瓦屋根の被害が多かった建物は、築40年以上経って老朽化している建物か、きちんとしたガイドライン工法で施工されていない建物だったそうです。

 



最近、ガルバニウム鋼板などの金属屋根が増えてきており、粘土瓦の屋根が減ってきているようです。

コストの問題もあるかと思いますが、瓦屋根には様々なメリットがあります。

錆びることなく後々塗装が不要な瓦は耐久性経済性に優れ、耐火性能防音性能も高いというメリットがあります。

なにより、この倉敷・玉島・浅口市・矢掛町街並みに合い、美しい街並みをつくってくれます。

歴史ある美しい風景を残し、自然と街並みに溶け込む住まいをお考えなら瓦がお勧めですよ!



1件、1件現場監督と大工さんを中心に職人さんたちが、きちんとした「施工」にこだわった森本工務店の現場。

10月26日(土)・27日(日)に工事中の現場見学会を開催します!

 ※イベント情報はこちら

完成後見ることが出来なくなってしまう、工事中の現場をご覧いただけます。

良い現場、悪い現場の秘密が分かりますので、家づくりをお考えの方はぜひ、お気軽にお越しください!

注文住宅の上棟

本日はお日柄も良く上棟を執り行わせていただきました。

大工さんが手刻みした梁丸太が他の部材とピタッと合うのは気持ちいいですね~

さすが森本工務店の大工さんです!

 ご近所の方に「構造体のままでも良い家と分かる。」と褒めていただきとても嬉しかったです。


おめでとうございました!