社長ブログ

社長ブログ

家づくり

プルキンエ現象

高速道路の標識は緑色ベース、一般道の道路の標識は青色ベースですよね。

 ↑ 左:一般道  右:高速道路(画像はWikipediaより)
なぜでしょうか?

実は理由があって、建築の教科書によると、

「明るいところでは555nmの波長(緑~黄)が最も敏感であり、暗いところでは視感度にズレを生じ、青~青緑色が最も強く感じられる。この現象を『プルキンエ現象』と言う。」とあります。

この『プルキンエ現象』ようするに、人間の眼は、明るいところだと緑色を認識しやすく、暗いところでは青色が認識しやすくなるということなのです。

一般道の道路標識には電灯は設置されていることは稀です。

夕暮れ時や夜間に運転手から道路標識を視認してもらいやすくするため、一般道の道路標識には青色ベースになっているそうです。

このことは一級建築士、二級建築士、インテリコーディネーター問わず出題される問題です。

ということは安心安全な建物をデザインをするうえで、とても大事なことと言えます。

物を見る場合、昼と夜、照明が有る無しで見やすさが変わってくるので、特に店舗設計・看板作成時には気を付けたいですね。

倉敷市の『若い世代が建てる平屋住宅』と『一部二階建て平屋住宅』

 本日、当社のホームページを解析した下さった方から、下記の2現場が掲載以来ずっと多くの方に見ていただいていますよ。との解析結果を教えて下さりました。


施工事例『若い世代が建てる平屋住宅』 ←こちらをクリックすると見ていただけます。



施工事例『一部二階建て平屋住宅』 ←こちらをクリックすると見ていただけます。

どのお宅も素敵な家ばかりなのですが、平屋のニーズが高いのでしょうか?

瓦屋根は地震に弱くない

大きな地震や大型台風の被害があった後、破損した瓦屋根にブルーシートが応急的に被せられたテレビのニュースを見る機会があります。

それを見ると、「瓦屋根は弱いのでは?」と思われているのではないかと心配になります。

実際に瓦屋根の被害が多かった建物は、築40年以上経って老朽化している建物か、きちんとしたガイドライン工法で施工されていない建物だったそうです。

 



最近、ガルバニウム鋼板などの金属屋根が増えてきており、粘土瓦の屋根が減ってきているようです。

コストの問題もあるかと思いますが、瓦屋根には様々なメリットがあります。

錆びることなく後々塗装が不要な瓦は耐久性経済性に優れ、耐火性能防音性能も高いというメリットがあります。

なにより、この倉敷・玉島・浅口市・矢掛町街並みに合い、美しい街並みをつくってくれます。

歴史ある美しい風景を残し、自然と街並みに溶け込む住まいをお考えなら瓦がお勧めですよ!



1件、1件現場監督と大工さんを中心に職人さんたちが、きちんとした「施工」にこだわった森本工務店の現場。

10月26日(土)・27日(日)に工事中の現場見学会を開催します!

 ※イベント情報はこちら

完成後見ることが出来なくなってしまう、工事中の現場をご覧いただけます。

良い現場、悪い現場の秘密が分かりますので、家づくりをお考えの方はぜひ、お気軽にお越しください!

注文住宅の上棟

本日はお日柄も良く上棟を執り行わせていただきました。

大工さんが手刻みした梁丸太が他の部材とピタッと合うのは気持ちいいですね~

さすが森本工務店の大工さんです!

 ご近所の方に「構造体のままでも良い家と分かる。」と褒めていただきとても嬉しかったです。


おめでとうございました!

本物の大工道具を駆使した注文住宅

 上棟に向け、大工さんが弊社の木材倉庫の中で腕を振るっています。


自然の形のままの『梁(はり)』を使い、強度美しさをお施主様に提供するため、『鑿(のみ)』を使い木材を加工しています。


『鑿』は木材に穴を穿(うが)ったり、割ったり、削ったりと、様々な用途に使われる道具で、日本の大工道具の中では最も種類が多いそうです。

木造住宅は、木と木を組み合わせてつくられますが、木材を組み合わせるための継手(つぎて)など腹圧に入り組んだ部分には『鋸(のこぎり)』や『鉋(かんな)』の刃が入りにくいのです。

そこで、そのような細部の加工や繊細な仕上げには『鑿』が使われてきました。

『鑿』には『玄翁(げんのう)』(金槌みたいなものです)で叩いて使用する『叩鑿(たたきのみ)』と、柄を手で握り、手の力で使用する『突鑿(つきのみ)』の二種類があります。

今写真の大工さんが使っているのは『突鑿(つきのみ)』です。


 

工業化住宅や簡単な家づくりが増えたせいか、最近の大工さんは『突鑿(つきのみ)』だけでなく、『叩鑿(たたきのみ)』でさえ使えない人が多いそうです。

木造注文住宅に住むなら、木の特性を良く知り、大工道具を大切にしている大工さんつくってもらいたいですね。

自分らしい建具を選びましょう!

家づくりにおいて、建具のデザインや機能を選ぶことは楽しくもあり頭を悩ますところでもあります。


建具は、建物の中で床、天井、壁に次いで面積を大きな面積を占めるので、お部屋の印象を決定づけるのに大きな役割を担っているといえます。


建具にも『既製品』と『造作』があります。
当社では自然素材を多用する家づくりをしているため、それにマッチングしやすいよう、建具職人さんが手づくりした造作建具を採用するケースが多いのですが、多くの住宅会社は既製品を採用されています。

建具を既製品にするか造作にするかは住宅会社選びにも関わって来ると思います。


では、『既製品建具』と『造作建具』の違いとは?


『既製品建具』の長所
・調整や取り付けが簡単。

『既製品建具』の短所
・木で出来ていない。
・数年で廃番になる製品が多いため、メンテナンスができず、ドアごと取り換えになる。


『造作建具』の長所
・一般に出回っていない、お施主様や森本工務店のオンリーワンである。
・無天然無垢材の家に馴染む。

『造作建具』の短所
・天然素材のため、湿度等により建具が反るなどして開閉しにくくなる場合があり調整が必要な場合がある。
(メンテナンスは家具職人が対応できるので安心ですけどね。)



ご家族に生活スタイルや好みに合った建具にこだわって、素敵な空間をつくりましょう!

祝 地鎮祭

本日はお日柄も良く地鎮祭を執り行わせていただきました。

地鎮祭の開始前、参会者には手を清めて式場に入っていただくのですが、幼いお子様達の『柄杓(ひしゃく)』の扱い方が素晴らしい!

手慣れた手つきで、きちんと両手を清めていました。

 








 ↑ 所作がかっこいい!

ご両親様の教育が素晴らしいなーと感じました。


また、祭事中、『切麻散米(きりぬささんまい)』という紙吹雪?を神主さんが四方に撒くのですが、撒いた紙い紛れて『隠れミッキー』を発見!












 ↑お子さんが発見してくれました!

子供のものを見る力ってスゴイですね~

地面に埋まっているミッキーをひっくり返してみると、リボンが付いたミニーの方でした。

お子様方に色んなことを教えていただけた、とても楽しい地鎮祭でした。

おめでとうございました。

祝 地鎮祭

本日はお日柄もよく地鎮祭を執り行わせていただきました。





































こちらのお施主様は森本工務店での新築工事は2回目です!

今までお住まいになられていた築38年の建物は中古住宅として売却されたのですが、とても良い建物だったため、あっという間に買主様が決まりました。

新しい買主様も「築38年経っても、とても良い建物だ。」と仰っていただきました。


地鎮祭の際、お施主様から森本工務店を再び選んでいただいた理由をうかがうと、

「建物が何年経っても良いから。」

「アフターサービスが良いから。」

「担当営業の橋本さんが良いから。」

とお話しくださいました。

感激です!

また、同じお言葉をいただけるようスタッフ一同頑張ります!


本日は誠におめでとうございました。



↑ 梶谷係長(一級建築施工管理技士)作の『盛り砂』もきれいに仕上がっています。

土地の選び方

土地探しから家づくりを検討される際、下記のように、順番を間違われる方が多いので気を付けて下さい。

× ①土地探し ②資金計画 ③建物プラン
  ※希望通りの建物が建てにくくなります。

○ ①資金計画 ②建物プラン ③土地探し
  ※お客様にあった理想の家づくりが出来ます。

詳しくは、森本工務店 営業スタッフにお問い合わせ下さい。
分かり易く説明いたします!

想いを形にする技術

これは、当社の現場監督が描いたスケッチです。













 
このスケッチが・・・

  












こんな素敵な玄関に!

平面図だけでは、現場やお施主様に伝わりにくいかったり、自身で材料を選別するのにイメージを膨らますために描かれたりします。










  ↓














現在、現場監督の省力化だけでなく、現場監督を存在させない色々な工務店や住宅会社が増えています。

建物を企画住宅化したり、協力業者さんにお任せするなどして『ゼロ現場監督』化に取り組まれています。
技術者不足、働き方改革など様々な理由はあると思いますが、森本工務店では考えられません。

お施主様の想いを汲み取り、それを現場で形にするためには現場監督が絶対必要です!

家づくりは森本工務店の現場監督(工務課)にお任せ下さい!