社長ブログ

社長ブログ
  1. ホーム
  2. 社長ブログ
  3. 会社・社員

会社・社員

山陽放送(RSK)ラジオに出演します(^_^;) AM1494

本日、山陽放送RSKラジオのアナウンサー米澤秀敏さんが来社され、インタビューの収録をしていただきました。

『せとうち企業セレクション』という番組で、「岡山、香川で活躍する企業や団体のトップの横顔を通して事業内容や特色、これからの展開などを紹介する。」という内容です。

恥ずかしながら、米澤さんの軽快な質問にアタフタとお答えしました。

やっぱりプロのアナウンサーの方ってお話が上手ですね~

私の話より米澤さんのお話をずっと聞いていたくなりました。(T T)

その恥ずかしい放送は下記の通りです。

   記
番組名:せとうち企業セレクション2019米澤秀敏
日時:12月22日(日)am8:00~
   再放送12月23日(月)19:00~
放送局:山陽放送
周波数:AM1494

どうなることやら・・・

本日は二級建築士の合格発表

本日、二級建築士の二次試験(一次は学科、二次は製図)の合格発表日でした。

年々難しくなっていると言われるこの国家資格。

今年の合格者数は5,037人 だそうで、前年の合格者 5,997人に対し960人も減っています。

※学科試験を含む最終合格率は22.2%だそうです。


また、来年は建築士法改正後初の試験であり、受験資格の緩和があるため受験者数が増えることが見込まれ、更に競争激化すると思われます。


そんな中、弊社の社員と弊社の社員の子供合格しました!!

天晴!

お施主様のため、得た知識をしっかり生かしてくれれば嬉しいです。

合格者の皆さんおめでとうございます!

こんにちは赤ちゃん♪


 我が社の大工さんとスタッフの間に赤ちゃんが誕生しました!

ということで、お顔を拝見しに産婦人科へお邪魔させていただきました。

病室に入ると可愛い赤ちゃんが~💛

抱っこさせてもらったのですが、いつもでも飽きません。

 ↑ このまま連れて帰りたい衝動にかられます。


赤ちゃんに癒され、仕事頑張れそうです!

社屋は学校みたいね~とよく言われます。

日に日に寒さが増してきましたね~
弊社のエントランスにある『楷(カイ)の木』が赤色黄色色づいています。

 

 ↑逆光で分かりにくいですね。(*_*)  

弊社の『楷の木』は『閑谷(しずたに)学校』と同じように一対で赤色黄色に紅葉します。


『閑谷学校』とは岡山県備前市にある江戸時代に岡山藩がつくった庶民のための学校です。

森本工務店も『閑谷学校』と同じように働く人たちにとっての学び舎であり続けたいという思いから『楷の木』を植えたのです。



 
今朝もたくさんの落ち葉が駐車場を埋め尽くしています。

それを毎朝、資材課の三宅係長と磯田さんが掃除してくれています。


朝礼の際、きれいな場所でラジオ体操できるように、きれいな駐車場でお客様をお迎えできるように。

森本工務店の工事現場はとてもきれいだとよく言われますので、事務所も負けないようにしなくては!

頑張れ岡野君、巨匠と呼ばれるその日まで!

本日はポリテクセンター岡山で『令和の大工棟梁検定』が開催され、当社の社員大工3年目の岡野君がチャレンジしてきました。

未来を担う若手大工のさらなる技術向上を目的としたこの事業。
森本工務店も運営をお手伝いさせていただいています。

午前は伝統工法についての座学講座と試験、そして昼からは実技試験です。


大工の道具である『鑿(のみ)』『鋸(のこぎり)』『鉋(かんな)』『指矩(さしがね)』『墨差し』『墨壷』など、昔から大工職人が使っている道具を駆使し、
普段の練習の成果を発揮して、制限時間内に課題を完成させることが出来ました!


最近の大工さんは、こういった手仕事が出来なくなっているそうですが、それでは、良い家づくり、古民家再生など難しい仕事はできません。

価値ある建物をつくり続けるため、若手大工の人財育成と、安定して働ける環境の整備は、地域密着型企業であるの森本工務店の使命なのです!

中秋の名月

今夜は十五夜ということで、社員みんなで『月見団子』を頂きました。


お団子は当社のお施主様で和菓子屋さんの『松涛園(しょうとえん)』さんが作られたものです。

お団子のように丸い形は縁起が良いとされているそうで、お団子を食べることによって健康や幸せになれるとのことです。


社員みんなが健康でありますように!

いただきます!

本当に世の中の文字は小さすぎて読めなーい!

昨年の秋ごろより老眼デビューを果たした私。

最近特に図面、本、パソコン、スマホが見えにくく、眼鏡をはめたり外したりの繰り返しで作業能率が非常に落ちていました。

そんな私を見るに見かねた心優しい三宅資材課係長が便利グッズをくださいました。

それがこれ!


↑ 「これををかけると、世界は変わる。大きく見えちゃうんです!」

眼鏡の上からかけることができる拡大メガネ?

作業効率が元に戻ったような気がします。

「凄いぜ 三宅係長!」

わざわざ私のために100円ショップまで行ってくださったようで感謝感激。


「三宅係長 だーい好き!」

旬のものをいただける幸せ

 近所のお客様より『筍(タケノコ)』をいただきました!



こちらのお客様の山林に生えているをタケノコを毎年いただいているのですが、今年は不安定な気候のせいか不作なようで、いつもの2割程度しか取れていないそうです。

その貴重なタケノコ総務課の奈美さん(嫁さん)に『筍ご飯』にしてもらいました!


タケノコのみずみずしさが感じることができ、とても美味しかったです!

社員のみんなには『おにぎり』にしておすそ分け。


その他、大工さんからは大量の新鮮『ワカメ』、塗装屋さんからは大量の『文旦(ぶんたん)』をいただきました!

こちらも社員で仲良く分けていただきました。

お客様から頂くもので季節を感じることができるなんてとても幸せですね~

ありがとうございます!

料理も木造住宅も手作りが一番いい!

残業中の社員たちに、嫁さん(総務課の奈美さん)が晩御飯をつくってくれました!

↑ 広島出身の嫁さんがつくる関西風のお好み焼き

↑ もちろん私はネギ盛り

美味しくいただきました!

ありがたや~

インターンシップ

インターンシップということで、森本工務店に大学生が19名も来ました!

東は東京理科大学から西は長崎大学まで、全国の大学2年生・3年生がエントリーしてくれました。

目的は建設業とは・工務店とは?を大学生の皆さんに知っていただくためです。

森本工務店の企業概要説明だけでなく、ワークショップを通して課題をクリアしていただき、仕事の流れを体験してもらいます。
















19名の学生を4つのグループに分け、発表内容を競っていただきました。

ワークのテーマは『人が集まる古民家ショップを企画せよ』です。

観光地にある古民家を改装し、お店をリニューアルオープンさせるまでの企画案を競ってもらいました。
















(弊社の20歳代スタッフ4名も参加させていただきました。)


お店を繁盛させるためには、どういった仕掛けを設計に盛り込むか?

木を大切にする森本工務店らしさを、どう現場で表現するか?

お客様が集まり、楽しんでいただける空間をどのように創造するか?

などなど、普段私たちが仕事を通してお客様に伝えていることを、同じように考えてもらいました。

どのグループも、ワークに取り組む姿勢、プレゼン内容が素晴らしく、感動しました!
















朝から晩まで、一日本当にお疲れさまでした。

ぜひ、建設業に進んでもらえると嬉しいな~
















↑最後はみんなで記念撮影
 ※大学生のみんなさんからは許可をいただいています。