【重要】新型コロナウイルス感染症対策およびオンライン相談について

社長ブログ

社長ブログ
  1. ホーム
  2. 社長ブログ
  3. 会社・社員

会社・社員

アフターサービス 一年点検

 ちょうど一年前に、お引き渡しをさせて頂きましてお施主様のお宅へお邪魔しました。

ご入居後の一年点検ということで、現場監督の吉岡課長とお客様サポート課(アフターサービス部門)の前田さんに同行させてもらいました。

 ↑ 玄関ドアの調子をチェックする吉岡課長&前田さん

建物の屋根・外壁などの外観状況や、給排水の以上確認などを済ませ、建物内部の点検ということで、玄関に入ると、木の良い香りがします。

一年経っても、本物の木材を使っていると香りや空気感は気持ちいいままです。

お施主様が大切に使って下さっているおかげもあり、お引き渡し時と変わらないキレイさを保たれています。

また、天然無垢材の床材は風合いを少しずつ増しており、とても美しく感じます。

本当にきれいに使って下さっており、スタッフ一同感激いたしました。

これからも末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。

キワドい2人

昨日、TBSのドラマ取材班の方から「秋からのドラマの木材倉庫のセットを製作したいので協力してほしい」との電話を頂きました。

ビックリです!

9月から放送予定の『キワドい2人』という田中圭さん&山田涼介さん主演の刑事ドラマです。

金曜ドラマ『キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木』

セットを作るのに当社の木材倉庫を参考にしたいとのことで、木材倉庫の事、そこで行われる仕事の事、設備のことなど色々と聞かれました。

※弊社倉庫のGoogleインドアビューをご参照下さい。

天下のTBSさんが当社のHPにたどり着くなんで驚きなのですが、それだけ、木材倉庫を管理している工務店が減ってきていると言う事なんでしょうか。

木にこだわる木造住宅を建てる工務店には木材倉庫は必須だと思うのですが・・・


どんな風に放送されるのか楽しみですね。

板金職人はカッコイイ!

弊社の協力業者さんであり、板金工事をしていただいているイケメン集団『山下板金』さんの若社長さんから『バッタ』を頂きました!


 ↑ かわいいと社内で評判!

『銅(どう)』と『真鍮(しんちゅう)』でつくられたこのバッタ。

シンプルに見えますが、丁寧な仕事がされてあり、彼の技術力の高さとセンスが垣間見えますね。

板金職人とは金属の板を加工するプロのことです。


私たち建築業において、板金という仕事の役割はとても大きく、雨漏りをさせないことが使命となります。

また、金属板を切ったり曲げたりして様々な形状に加工して、屋根や雨樋、外壁を美しく強く仕上げることも大切な使命です。

  ↑ 彼らが仕上げてくれた板金の屋根(特に三角の円錐部分に高い技術力がうかがえます。)

日本の長い伝統から養われた技術と知識で、建築物を美しく仕上げる板金という仕事ですが、景気に影響を受けにくい仕事ともいわれています。

それは日本になくてはならない仕事であり、技術が無いとできない仕事なので、将来的にも安定している仕事と言われています。

これから中古住宅の流通が活性化されリフォーム需要はまだまだあると思われますので、技術を身につけたい若い方にはお薦めの職種ですよ!

新入社員作成のピクトグラム


 なかなか先の見えない新型コロナウィルスについて弊社では様々な取り組みを社員一丸となって取り組んでいます。

その取り組みを分かりやすくしよう!ということで社員がつくったのが『ピクトグラム』

『ピクトグラム』とは、何らかの情報や注意を示すために表示されるサイン(視覚記号)のことで、絵文字の看板として、駅や空港などの公共空間で使用されているアレです。

 ↑社員はマスク着用にてお仕事をさせて頂きます。


これをつくってくれたのが、この4月に新卒入社した大工見習の小嶌君。

素晴らしい才能ですね。

 ↑ 十分な換気を行っています。

 ↑ 現場・訪問先から帰ってきたらうがい手洗いをしっかりします。

 ↑毎朝、検温を行います。


などなど、可愛いイラストを描いてくれました。

手先が器用な小嶌君、将来どんな棟梁に育っていくか楽しみです。

弊社の『新型コロナウィルス感染症対策』についてご覧ください。




 ↑受付カウンターでは、飛沫感染防止策としてアクリルパーテーションを設置しています。
  頭をぶつけないよう気を付けて下さいね。

新型コロナウイルスを含む感染症の予防及び拡散防止対策

お客様各位

『新型コロナウイルスを含む感染症の予防及び拡散防止対策』について

平素より森本工務店をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
森本工務店では、『新型コロナウイルスを含む感染症の予防及び拡散防止対策』を行っております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

① アルコール消毒液を設置しております
ご来社される際は手指のアルコール消毒を行っていただくようお願いします。

② スタッフはマスクを着用させていただきます  
対応スタッフは、極力マスクを着用し、咳エチケット、手洗い・うがい、アルコール消毒液の利用を徹底いたします。

③ キッズスペースについて
お子様の感染予防のため、キッズスペースのご利用・おもちゃの貸出は、禁止とさせていただきます。
④ イベント開催について
お客様の安全を考慮し、不特定多数が参加する合同型セミナーや予約不要のイベントは当面中止とさせていただきます。
予約制のイベントは、1家族のみで重ならないようご案内いたします。

感染予防の観点から、発熱やせき等体調のすぐれないお客様はご来社をご遠慮ください。

皆様と社員一丸となって、この難局を乗り越えましょう!

山陽新聞に掲載されました!

今朝の山陽新聞 地方経済の『ひと交差点』に当社の取り組みが掲載されました。

おかげさまで?多くのお客様、お取引先、先輩後輩、友人から

「見たよ!」

とのメッセージをたくさんいただき感激しました。

新聞の効果って大きいんですね~


10年後、大工さん数は現在の3分の2になると言われています。
そうなれば、大工さんが不要な家づくりをするか、大工さんを育成するしかありません。

私たち、森本工務店は価値ある住まいづくりを継続していきたいと考えており、
これからも地域のお困りごとを建築知識と技術で解決していきたいと考えていますので、
今後も大工育生に力を注いでいきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

インターンシップ

今年最初の大学生インターンシップを開催しました。

森本工務店の仕事、建築や木材について学習してもらったのち、クライアントの希望を形にするというワークショップを通して設計の仕事を疑似体験してもらいました。

また、成果を発表する場面では、社会人顔負けのプレゼンテーションをしてくれ、
大学生・大学院生の皆さんの高いの能力に驚かされました。



学生さんからのアンケートでは、

「実際の仕事を体験でき、大学の授業より内容が濃かった。」

「会社の雰囲気やスタッフさんが良く楽しかった。」

などなど、沢山の嬉しい言葉を頂きました。

皆さん、ぜひ、建設業に進んでください!そして良い会社に就職して、良い住環境創ってくださいね!

鏡開き(かがみびらき)

本日は『鏡開き』ということで、女子社員達がつくってくれた『ぜんざい』を頂きました。

 ↑ お餅の焼き加減が絶妙!

鏡開きは、お正月にお供えした鏡餅を下げて頂く行事のことです。

社員と家族の無病息災を祈っての、この行事、女子社員達に感謝です。

今年も建築士式と建築技術で社員一同お施主様のために頑張ります!

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

本年も森本工務店は建築知識と技術で地域のお困りごとを解決していきます。

社員・職人・協力業さん一丸となり、頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。


↑スタッフのイラストです。似てるかな~?

今年もありがとうございました。

令和元年も残りあと数時間となりました。
現在、事務所で1人寂しく日直をしています。

普段、にぎやかな社内も1人では寂しいですね~ (१﹏१)


森本工務店は、定休日だけでなく祭日も年末もお盆もゴールデンウィークも日直が出勤しています。

これは、お客様がメンテナンスや機械の故障で困らないようにするためです。

とくに年末やお盆は家族が帰郷した際に、

「トイレがつまった。」

「お湯が出なくなった。」

といったトラブルに対応するためや、大掃除をした際に、普段気付かなかった箇所が、修理が必要だったりするため、当社の社員がいつでも出動できるよう準備しておく必要があると思っているからです。


 社員の力だけでは直らないこともありますが、できるだけ迅速に対応したいとの想いにより、当番制で日直をしています。

先程も大掃除中のOB施主様より「無垢のカウンターのお手入れ方法を教えて!」とのリクエストにより、お邪魔させていただきました。

こちらのお宅、お引き渡し後17年経過していますが、飽きの来ないデザインと木材の経年美により、とても素敵です。

やっぱり本物の天然無垢の木材の家って良いですね~


また、数時間前には、「大掃除をしていたら、食洗器の電源が切れなくなった。」

とのご連絡があり、調べてみると漏水の可能性があるため、とりあえずは、分電盤の専用回路を落とし、警告音が出ないよう応急処置をさせていただきました。


  ↑ 新年に向けて『松竹梅』 と『削り華』

森本工務店は、お客様のため、地域のため、社員の家族のため、会社を取り巻くすべての方々から「いい会社だね。」といって頂けるよう、社員一同、来年も頑張ります。

 2020年も皆様にとって素晴らしい一年となりますよう祈念いたしまして、 今年最後のブログとさせて頂きます。

今年もありがとうございました。