社長ブログ

社長ブログ
  1. ホーム
  2. 社長ブログ
  3. 会社・社員

会社・社員

インターンシップ

今年最初の大学生インターンシップを開催しました。

森本工務店の仕事、建築や木材について学習してもらったのち、クライアントの希望を形にするというワークショップを通して設計の仕事を疑似体験してもらいました。

また、成果を発表する場面では、社会人顔負けのプレゼンテーションをしてくれ、
大学生・大学院生の皆さんの高いの能力に驚かされました。



学生さんからのアンケートでは、

「実際の仕事を体験でき、大学の授業より内容が濃かった。」

「会社の雰囲気やスタッフさんが良く楽しかった。」

などなど、沢山の嬉しい言葉を頂きました。

皆さん、ぜひ、建設業に進んでください!そして良い会社に就職して、良い住環境創ってくださいね!

鏡開き(かがみびらき)

本日は『鏡開き』ということで、女子社員達がつくってくれた『ぜんざい』を頂きました。

 ↑ お餅の焼き加減が絶妙!

鏡開きは、お正月にお供えした鏡餅を下げて頂く行事のことです。

社員と家族の無病息災を祈っての、この行事、女子社員達に感謝です。

今年も建築士式と建築技術で社員一同お施主様のために頑張ります!

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

本年も森本工務店は建築知識と技術で地域のお困りごとを解決していきます。

社員・職人・協力業さん一丸となり、頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。


↑スタッフのイラストです。似てるかな~?

今年もありがとうございました。

令和元年も残りあと数時間となりました。
現在、事務所で1人寂しく日直をしています。

普段、にぎやかな社内も1人では寂しいですね~ (१﹏१)


森本工務店は、定休日だけでなく祭日も年末もお盆もゴールデンウィークも日直が出勤しています。

これは、お客様がメンテナンスや機械の故障で困らないようにするためです。

とくに年末やお盆は家族が帰郷した際に、

「トイレがつまった。」

「お湯が出なくなった。」

といったトラブルに対応するためや、大掃除をした際に、普段気付かなかった箇所が、修理が必要だったりするため、当社の社員がいつでも出動できるよう準備しておく必要があると思っているからです。


 社員の力だけでは直らないこともありますが、できるだけ迅速に対応したいとの想いにより、当番制で日直をしています。

先程も大掃除中のOB施主様より「無垢のカウンターのお手入れ方法を教えて!」とのリクエストにより、お邪魔させていただきました。

こちらのお宅、お引き渡し後17年経過していますが、飽きの来ないデザインと木材の経年美により、とても素敵です。

やっぱり本物の天然無垢の木材の家って良いですね~


また、数時間前には、「大掃除をしていたら、食洗器の電源が切れなくなった。」

とのご連絡があり、調べてみると漏水の可能性があるため、とりあえずは、分電盤の専用回路を落とし、警告音が出ないよう応急処置をさせていただきました。


  ↑ 新年に向けて『松竹梅』 と『削り華』

森本工務店は、お客様のため、地域のため、社員の家族のため、会社を取り巻くすべての方々から「いい会社だね。」といって頂けるよう、社員一同、来年も頑張ります。

 2020年も皆様にとって素晴らしい一年となりますよう祈念いたしまして、 今年最後のブログとさせて頂きます。

今年もありがとうございました。

牡蠣ごちそうさまでした!

 本日、お客様より大量の牡蠣(かき)をいただきました!

 ↑ 日生(ひなせ)の牡蠣(かき)

早速、社員みんなで頂きました!

何も味付けすることなく、ただ加熱しただけですが、
やっぱり旬のもの自然のものって美味しいですね~







 自然の恵みとお客様に感謝です。

ごちそうさまでした! 

 

山陽放送(RSK)ラジオに出演します(^_^;) AM1494

本日、山陽放送RSKラジオのアナウンサー米澤秀敏さんが来社され、インタビューの収録をしていただきました。

『せとうち企業セレクション』という番組で、「岡山、香川で活躍する企業や団体のトップの横顔を通して事業内容や特色、これからの展開などを紹介する。」という内容です。

恥ずかしながら、米澤さんの軽快な質問にアタフタとお答えしました。

やっぱりプロのアナウンサーの方ってお話が上手ですね~

私の話より米澤さんのお話をずっと聞いていたくなりました。(T T)

その恥ずかしい放送は下記の通りです。

   記
番組名:せとうち企業セレクション2019米澤秀敏
日時:12月22日(日)am8:00~
   再放送12月23日(月)19:00~
放送局:山陽放送
周波数:AM1494

どうなることやら・・・

本日は二級建築士の合格発表

本日、二級建築士の二次試験(一次は学科、二次は製図)の合格発表日でした。

年々難しくなっていると言われるこの国家資格。

今年の合格者数は5,037人 だそうで、前年の合格者 5,997人に対し960人も減っています。

※学科試験を含む最終合格率は22.2%だそうです。


また、来年は建築士法改正後初の試験であり、受験資格の緩和があるため受験者数が増えることが見込まれ、更に競争激化すると思われます。


そんな中、弊社の社員と弊社の社員の子供合格しました!!

天晴!

お施主様のため、得た知識をしっかり生かしてくれれば嬉しいです。

合格者の皆さんおめでとうございます!

こんにちは赤ちゃん♪


 我が社の大工さんとスタッフの間に赤ちゃんが誕生しました!

ということで、お顔を拝見しに産婦人科へお邪魔させていただきました。

病室に入ると可愛い赤ちゃんが~💛

抱っこさせてもらったのですが、いつもでも飽きません。

 ↑ このまま連れて帰りたい衝動にかられます。


赤ちゃんに癒され、仕事頑張れそうです!

社屋は学校みたいね~とよく言われます。

日に日に寒さが増してきましたね~
弊社のエントランスにある『楷(カイ)の木』が赤色黄色色づいています。

 

 ↑逆光で分かりにくいですね。(*_*)  

弊社の『楷の木』は『閑谷(しずたに)学校』と同じように一対で赤色黄色に紅葉します。


『閑谷学校』とは岡山県備前市にある江戸時代に岡山藩がつくった庶民のための学校です。

森本工務店も『閑谷学校』と同じように働く人たちにとっての学び舎であり続けたいという思いから『楷の木』を植えたのです。



 
今朝もたくさんの落ち葉が駐車場を埋め尽くしています。

それを毎朝、資材課の三宅係長と磯田さんが掃除してくれています。


朝礼の際、きれいな場所でラジオ体操できるように、きれいな駐車場でお客様をお迎えできるように。

森本工務店の工事現場はとてもきれいだとよく言われますので、事務所も負けないようにしなくては!

頑張れ岡野君、巨匠と呼ばれるその日まで!

本日はポリテクセンター岡山で『令和の大工棟梁検定』が開催され、当社の社員大工3年目の岡野君がチャレンジしてきました。

未来を担う若手大工のさらなる技術向上を目的としたこの事業。
森本工務店も運営をお手伝いさせていただいています。

午前は伝統工法についての座学講座と試験、そして昼からは実技試験です。


大工の道具である『鑿(のみ)』『鋸(のこぎり)』『鉋(かんな)』『指矩(さしがね)』『墨差し』『墨壷』など、昔から大工職人が使っている道具を駆使し、
普段の練習の成果を発揮して、制限時間内に課題を完成させることが出来ました!


最近の大工さんは、こういった手仕事が出来なくなっているそうですが、それでは、良い家づくり、古民家再生など難しい仕事はできません。

価値ある建物をつくり続けるため、若手大工の人財育成と、安定して働ける環境の整備は、地域密着型企業であるの森本工務店の使命なのです!