【重要】新型コロナウイルス感染症対策およびオンライン相談について

社長ブログ

社長ブログ
  1. ホーム
  2. 社長ブログ

手刻み (てきざみ)

会社横の『刻み場』では若手大工達が、木材に墨を付けて刻んでいます。









  

最近は工場の機械で木材を刻む『プレカット』が主流になっていますが、当社では『手刻み』も併用しています。

機械で行うと木の表裏・上下も関係なく加工しがちですが、手刻みでは、熟練の大工が、1本1本違う自然素材である木の『クセ』を読みながら削るため、木の持ち味を生かしてより美しく、より強い構造材・内装材として使えます。

ぜひ、ご来社いただき、大工さんが墨付けをしている姿を近くで見て下さい!

社員の大工さん

 大工さんの平均年齢って幾つぐらいだと思いますか?

岡山県建設労働組合に登録されている大工さんの数は、平成28年のデータで60歳以上が40.6%も占めています。

ちょっとビックリですね。

 19年前も同じように調べたところ、同じように60歳以上の方が4割を占めていました。
これじゃダメだと、当社では、新卒の青年を社員大工として育成しています。 

  ↑ お施主様のリビング天井の化粧梁 どうやったら美しく、強く木を生かせるか考え墨を付けています。   

 当社は新築・リフォーム工事を中心とした企業です。
 新築・リフォーム工事は現場監督の能力だけでなく、大工さんの技量が品質に大きく影響します。
また、木造住宅を創るには木を加工しないといけません。
しかし、最近の大工さんは鑿(のみ)さえ使えない(使ったことがない)人が増えているそうです。
そんな職人さんが創る家って心配じゃないですか?

 お施主様のための良い家づくりのためには本物のプロが必要です。
 私達は素人でも創れる家ではなく、プロしか創れない家を目指しています。

墨壺(すみつぼ)

 今日も暑いですね~

夏の暑さにも負けぬ丈夫なからだをもつ大工さん達が上棟に向けて木材を刻んでくれてます。
刻む際には、墨壺(すみつぼ)、曲尺(さしがね)を駆使して、線を引き刻んでいきます。

 

 大工さんの道具の代表として、墨壺(すみつぼ)、曲尺(さしがね)、釿(ちょうな)があり、『三種の神器』として崇められ、正月の仕事始めに神棚や床の間に飾られます。

 墨壺は木材に直線を引くためのもので、通常、墨汁を染み込ませたものを使い黒い線を引きますが、写真の墨壺は『朱壺(しゅつぼ)』と言い、赤い線を引きます。

  

  ↑ うちの大工さん達は自分に合った墨壺を自身で作っています。カッコイイですね~


『朱壺』 は墨壺と違って、墨汁の代わりに弁柄(べんがら)を入れてあり、墨汁と違って綺麗に拭き取ることが出来ます。

そのため、丸太や化粧材など、仕上げの済んだ部材に線を引く時に使います。

 

 近頃の大工さんは、こうした道具を自分でつくることが出来ないそうです。(>_<)

仕事と自分の腕に合った道具を上手に使うことが、いい家を作るための最低条件なんですけどね~
 

自然素材と人間の相性は良いはず!

 初めて当社を訪れる方、当社の施工現場、完成現場に来られた方、ほとんどの方々が

 「木の香りがして気持ちいい。」

 「落ち着きますね。」

とおっしゃって下さいます。

 特に、社屋内の応接間が評判いいようです。


  その応接間ですが、床は地松とカラ松、壁は腰板に桧(ひのき)と漆喰(しっくい)、天井は松の梁(はり)&桁(けた)に漆喰、建具は楢(なら)、木部はもちろん自然塗料による塗装をし、自然素材に囲まれています。


  建物って素材によって空気の感じ方が違いますよね。

コンクリートの建物の中に入ると体温を奪われるようなヒンヤリとした感じを受けますし、

ログハウスに入ると暖房をしていなくても暖かく感じますよね。

ほとんどの人が自然素材で構成された空間にはいると気持ちいいと感じるはずです。

人工物は冷たく感じ、自然素材は暖かく感じるのは、自然素材が生きものだからではないでしょうか。

住む人も生き物、本物の木を使った木造の家も生き物、相性が良いはずです。

気持ちいい空間に住んでいると、良い人間が育つ気がしませんか?


 温泉って気持ちいいですよね。

温泉に入っているときは、気持ちよくって笑顔になるし、温泉でケンカをしようって気持ちにはなりませんよね。

身体が気持ちよかったり、リラックスできる空間を作ることが家づくりで大切なことです。

長い人生、家族と共に快適と思う空間に住むべきです。

温泉のような家づくり、空間づくりを目指しましょう。











 ↑ うちの大工さんは木の香りがします!

一級建築施工管理技士

 我が社の現場監督は6人、全員国家資格である『一級建築施工管理技士』の資格を持っています!
  
発注業務や管理業務だけでなく、各職人さん以上に知識を持ち、現場のちょっとした作業ならお手の物です。

 
  








 ↑ 塗装工事中の現場監督

ご家族の命や財産を守る大切な家。
きちんと勉強した国家資格にある人に管理してもらいましょう!

楔(くさび)を打つ

「楔(くさび)を打ちました。」

  
 来年使う予定の木材(杉)を芯までしっかり乾燥させるため、

背割り部分に楔を打っています。


  木材の乾燥方法には自然状態で乾燥させる『天然乾燥』と、装置を使って温度を上げ水分を抜く『人工乾燥』とあります。

どちらにも長所短所がありますが、木材にストレスを与えずに水分を抜いて行くには、やはり『天然乾燥』の方が良いですね。

 特に『杉』は無理矢理乾燥させると、色艶、強度、粘りが無くなります。
ボクサーの減量と似てますね~

 

 この材料は良く日のが当たって、風通しがよい場所に、雨ざらしで乾燥させています。

 「雨ざらしだと乾燥しにくいのでは?」

と思われるかもしれませんが、適度な湿気があった方が綺麗に乾燥するみたいです。

 生の木だと、雨の水分(表面の水分)と一緒に木の水分(内側の水分)を蒸発させてくれるようですし、 杉の場合赤身の部分が綺麗に仕上がるようです。(会長談)

 

 木材を使うのに1年も2年もそれ以上も乾燥させたり手間をかけるのことは、 時代に逆行しているように思われるかもしれませんが、 50年以上使っていただくための大切な家ですから、 1年や2年の手間なんて短いと思いませんか?

サーキット場でカート体験

 6月19日(日)素晴らしいお天気の中、岡山国際サーキットにて、「しんゆう会懇親カート体験」が開催されました。
「しんゆう会」とは45年以上の歴史がある、当社の協力業者さんの会です。

その協力業者さんとそのご家族、当社の社員とその家族で、レーシングカートを体験してきました。











 ↑ ピット前の私


 本格的なサーキット場で本格的なカートに乗るのは皆初めてです。
最高速度はスピードは60~70㎞/hだそうですが、車高が低く、お尻の下がすぐ路面のため、体感速度は100㎞/h以上! ((( ;゚д゚)))
パワステではない重いハンドルと強烈な横Gと腕と腰がガクガクです。(>_<)








 ↑ コクピットより 

 いざ乗ってみると、恐怖心があったのは最初だけで、あとは楽しい!の一言!

あっという間に皆慣れて楽しく走行してました。









 
↑ 最終コーナーからストレートへ

 タイムトライアルにも挑戦しましたが、皆好タイムを連発!
コーナーごとにブレーキングポイントを変えてみたり、ライン取りを変えたりと試行錯誤しながら、タイムを削っていきます。










 
↑ 二人乗りカートで絶叫体験(左)とピットインする三宅係長(右)

 そこで、美味しい昼食後は、調子に乗って、レースをすることになりました。
譲り合いの精神で楽しみましょう!との事前説明もどこ吹く風、クラッシュありの激しいレース展開となりました。








 ↑ 決勝戦 スターティンググリッドで待機中

 レース結果は、優勝は塗装工房の宮崎さん、準優勝は営業部の浩彰課長、3位は大健闘営業課の橋本女史です。







 
↑ 表彰台にて上位8名の皆さん

けが人も事故もなく、交流を深めながら楽しく一日を仕事仲間と過ごすことが出来ました。

今日からまた、仕事頑張りましょう!













 
↑ ミハエル・シューマリコ(森本工務店デザイン室所属)

針葉樹と広葉樹

針葉樹と広葉樹

 木造住宅で使われている木材は、針葉樹広葉樹に分けられます。
一般的に広葉樹に比べて針葉樹のほうが比重が軽くて軟らかいのです。
その性質により針葉樹を『柔木(やわぎ)』広葉樹を『堅木(かたぎ)』と呼ばれています。

 一般的にヒノキやスギに代表される針葉樹は構造材や造作材として木造住宅の多くの箇所に使われています。

建物の構造材に使われる木材は、木の断面がそろっていて、 真っ直ぐで長さが取れるモノのほうが扱いやすいのです。


 逆に広葉樹はその木目の表情の豊かさや、硬さにより床材、家具、造作材などに使われています。

 

 当社で使われいる床材などの自然素材は、お施主様の使われ方、生活の仕方によって材料(針葉樹or広葉樹など)を選択していただきます。

 裸足になる洗面脱衣所には、肌触りがよく、冬場でも冷たく感じにくい、水に強いヒノキ。
イスなどの家具を動かす機会が多いリビングには、傷に強い、堅いナラ。
 ってな感じで、お施主様のご家族が、どのような生活をするかに合わせた、適材適所の床材選びをすると、いつまでも快適に使って頂けます。

 

 ※間違っても、色だけで床材を選ばないで下さいね!

   きちんと材種を選ばないと、使いづらい床になっちゃいますよ!


 お施主様の生活スタイル木の性質を知り、

その特徴を適材適所に活かすのが森本工務店の木造住宅への取り組み方です。
 

良い現場は、良い職人さん達とつくっています!

 本日、森本工務店安全大会が開催されました!
毎年恒例のこの大会。当社の新築やリフォームの現場に入って頂いている職人さん達に集まって頂き、

「お施主様が感動して下さる現場をどうやってつくるか。」

「現場周辺の皆様に、いかに気持ちよく工事をさせて頂けるか。」

それらの想いを具現化するため、当社の現場監督達が一所懸命つくったスライドを見て頂きながら、熱い思いを現場に入る職人さんに伝えていきます。

吉岡課長と梶谷係長のプレゼンが素晴らしく、皆さん疲れているにもかかわらず、誰も居眠りすることなく、あっという間の2時間でした。


 よく、職人さん方からは、

「森本工務店の現場は、スゴク綺麗だ!」

「大工さんの挨拶がすばらしい!」

と仰って頂きますが、
今以上の現場をつくり、お施主様にもっと感動して頂ける現場を、
森本工務店のスタッフと協力業者さん、大工さん、職人さんとつくっていきたいと思います。

 本日は、皆さん、本当にお疲れ様でした。










     ↑ みんなで記念撮影!

お肌を大切に

 今朝も仕事前に大工さんが鉋(かんな)の刃を研いでいました。

なぜ、大工さんは鉋の刃を研ぐのに一生懸命なのでしょう。


それは、木材の表面を薄くきめ細かい木肌にするためです。


 何十年も風雨にさらされる木材の表面は塗装やコーティングだけでは限界があり、 表面に膜を作る塗装やコーティングは木の呼吸を妨げてしまい寿命を短くさせてしまいます。


 人間がお化粧をして長時間過ごすと肌が呼吸できず荒れてしまうのと一緒ですね。

 

 また、鉋がよく利いた木肌は、毛羽立ちがないので炎を寄せ付けず、火災に強い家を造ることが出来ます。


 道具を大切にすることは、良い家をつくるための必須条件ですね。