郷の家

郷の家

ローコスト住宅や規格住宅ではたとえ好みのプランが選択できたとしても自分流に変更することができません。
住む人はできあいの家に生活スタイルをはめていくしかないのです。しかし郷の家はプロが設計した基本プランのキャンパスに、住まい手独自で色を付けくわえたりできるのです。十の人がいれば十通りの住まい方がある。規定概念にとらわれない、「自分流の暮らし」を見つけることができます。

5つの条件

自然のもので豊かに

郷の家は風通しいのいい、広々とした設計になっています。風通しのいい場所はそれだけで心地いいものです。季節の匂いや朝の匂いまでも運んでくます。光は天の恵み。日々を明るく照らし、同時に暖かさやエネルギーを届けてくれます。郷の家では、自然の恵み「太陽」と「風」とともに暮らすことができます。

1.光と風を自由に操れること

開口部をできるだけ多くとり、室内では仕切りを少なくすることで光と風が隅々までめぐるような設計にしています。

2.耐震強度にすぐれていること

仕切りの少ない、つまり壁の少ない家でも十分な強度と耐震性を確保するために、日本古来の伝統工法「真壁造り」と国が認めた強度を誇る「壁パネル」であなたの家を守ります。

3.既成概念に捉われないこと

生活の「あたりまえ」を見直して設計しています。 たとえば、ダイニングテーブルは不可欠か、洗濯機は洗面台の近くになければ不便か、など生活の「要」を改めて考えます。

4.心地いいゆとりの空間があること

デッキでひと息お茶を飲んだり、階段のステップに座ってくつろいだり、あるいは2階のホールをこどもの遊び場にしたり、生活スタイルに合わせて自由自在に使っていただけます。

5.省エネルギー住宅であること

暖房機器が最小限のエネルギーで最大限の力を発揮できるよう断熱と遮熱にこだわりました。厳しい冬の日も全室をくまなく暖めます。また、大きな開口部により、夏にはエアコンいらずで快適に過ごせます。「風」「太陽」の恵みをいっぱいに受けて生活が豊かになるのです。
広さと開放感・省エネ、節電・デザイン性すべてを兼ね備えた家、それが郷の家です。

郷の家パンフレット請求はこちらから郷の家パンフレット請求はこちらから