浮造りとは、木目を浮き上がらせ、立体的に見せる加工方法です。


写真は、O様邸の門の屋根板に使う、杉の柾目板を浮造っているところです。
硬いブラシで、木の年輪の夏目(柔らかいところ)を削って、造っています。
写真では判りづらいと思いますが、微妙な凹凸ができて大変感じが良くなります。

201608081011

うづくりと言う、浮造り用の道具が在り、刈萱(かるかや)の枝や馬の毛を集めた束を、麻紐で円柱状に束ねたもので、擦っていきます。

201609250216

今では、ホイールサンダーと言う電動工具も出ています。サンドペーパーだと、冬目(年輪の硬い所)も削ってしまうので、浮造りにはなりません。また、堅い木だと、夏目も削りにくく浮造りには不向きです。
が、最近では、チークやウォールナットなどの堅い木のフローリング(床材)にも、浮造りをしたものが出て来ています。

資材課の三宅でした。