地元の柏島神社へ奉納するベンチが完成しました。
以前つくらせていただいた「遙拝所」の前でちょっと一休みできるよう
納めさせていただきました。
2016-10-06-13-46-28








2016-10-06-13-46-37











このベンチの材料について解説しますと・・・
座面の材料は、ネズミサシ(葉の先端が鋭くとがって触るとネズミさえ
も刺してしまうというのが語源)。 
このあたりでは、モロノキといい緻密で日本の針葉樹の中では
最も重硬だそうです。
油分を多く含み耐久性や保存性が高く、水湿によく耐える材です。

足の材料は、赤松(松茸の生える木)。
木質は密で、水湿に強く、耐久性がある。
この部分は土に接する部分なので、焼いて表面を炭化させ、
耐久性を上げる工夫をしました。
虫害予防にも効果的です。

地域の方々に愛用していただけるとうれしいです。

常務取締役 森永 太