ずいぶん前に製材した、地松の梁丸太。
img_9173

img_9179
 

しっかり乾燥もして丸太によれも出てきたので、もう一発よれ直しの製材。ひとけずりすると粘りのある地松と、その年輪が、見事な姿で出てきました。
嫁入り先も決まって、一階構造材の化粧部分に抜擢。これからが大工さんの腕の見せ所。
この生き生きとした材がどんな形で化粧として表舞台に出るか楽しみです。

建築部 梶谷