森本工務店では、現在、部屋の枠等に桧を主に使っています。

201701231302

201701240957


写真は、M様邸のSK(システムキッチン)廻りのカウンター類の材料です。

今回、桧の無垢板を使っています。

桧は、建材として、トップレベルの材料であることが知られています。

ひのきという名の由来は、「火の木」の意味で、古代に火おこしに使われていたという説と、尊く最高のものを表す「日」をとって「日の木」という説もあるそうです。(諸説いろいろ有り)


桧は、伐採してから200年位は強くなり、その後、1000年位かけて、徐々に弱くなっていくと言われています。

法隆寺や薬師寺の塔は、桧で作られていて、1300年経った今も維持されているのはその為です。

また、桧の香りには、アロマ効果があり、いい匂いを発します。

床に桧のフローリングを張ると、より良い香りがします。

資材課の三宅でした。