写真の板は、地松の天板です。幅広の為、乾燥の過程で大きくねじれていて、そのままでは加工ができなかったので、一度2つに割ってからそれぞれを加工して、再び貼り合わせて一枚にしました。

板目(木目)の所で貼り合わせると、木目がズレてなかなか上手く貼り合わせることができなかったのですが、会長のアドバイスのおかげで、どこを切ったかわからない位に上手く貼り合わせることが出来ました。

又一つ、技術の向上が出来て大変嬉しく思います。

資材課の三宅でした。