こんにちは、資材課の三宅です。

 

幅広の無垢の板は、多かれ、少なかれ、乾燥するにつれ、そり(反り)が生じてきます。

木が反(そ)ると書いて、板と読むゆえんです。

実際、使ってから大きく反ってくれば、品質に影響が出て大変です。

そこで、十分な乾燥と、板の裏側に桟と呼ばれるものをつけて、板を反りにくくします。

写真は、床の前板に桟をつけたものです。