先日、通勤途中で、消防署と警察が民家火災の現場検証をしている所に出くわしました。古い木造平屋で、半焼状態、まだ、火事場特有の焦げたにおいが漂っていました。(消防団に入っていたので、火事現場は経験済み。)木造より鉄鋼で建てた家のほうが、火事に強いと思っている人は多いと思います。

たしかに、木は燃えやすいですし、鉄は燃えません。しかし、木造でも、ある程度大きな断面積を持っている木は、表面は燃えますが、炭化層をつくって内部まで火が行きにくい為、強度が低下しにくい性質もあります。(ずっと火にあたっていると、徐々に燃えていきますが、時間はかかります。)

一般に、火事の温度は500℃~1000℃以上になります。鉄鋼は燃えませんが、500℃位になると強度は2/3位に低下し、1000℃位では強度は期待できなくなって曲がってしまいます。(1200℃~1500℃位で溶けてきます。)

また、耐火塗料というものもあり、一部、寺社等でも使われていて、火が着かないようになっています。結果、木VS鉄、性質の違いで、甲乙つけがたいですが、自然のやわらかさや温かみのある木の方が私は好きです。

資材課の三宅でした。