森本工務店では、押し入れ等の中段、枕棚に桐材を主に使っています。

桐は、国産では、一番軽く、防湿効果(吸湿性が良い)や、虫が嫌うタンニンを多く含んでいることで、防虫効果があり、日本の風土に適した材だと思います。

また、古くなるほど、防火性が強くなります。(金庫の内板に桐を張るのは、こういう理由からです。)

ただし、材質が柔らかいので、枕棚にパイプを取り付ける場合は、ビスが衣服の重みで抜けるのを防ぐため、パイン(松系)の積層材を使っています。


資材課の三宅でした。