こんにちは、資材課の三宅です。


(before:左、after:右)
写真は、施主様支給の黒柿を加工する前と後の写真です。加工前は、普通の汚れた木材ですが、加工したあとの木目の美しさは、見応え十分です。こればかりは、貼り物の木(プレハブメーカーさんが使う木)にはまねが出来ません。

施主様の家の玄関框(かまち)になります。

ところで、黒柿というのは俗称で、柿の木が数百年の樹齢を重ねて古木(こぼく)になったものの一種で、まれに心材が墨で書いたように、黒い紋様を有するもののことを言います。

木に含まれるタンニンという成分が沈殿して、黒色状の模様を作るのですが、全ての柿の木にこういう模様ができるわけではないそうです。

黒柿が高級材と言われる理由が、ここにあります。