築200年程度の古民家を建て替える事になりました。

30年近く空き家のままだった為か、傷みが激しくて、再生は断念されましたが、使用されている材料が今では、入手困難なものも多数あり、私としても大変残念な気持ちでいっぱいです。


しかし、お客様にとっても思い出もいっぱいあり、最大限の努力と工夫をして、再生可能な材料を選び出して新築住宅に古材として再生する事となりました。古材の再生には特に、対費用効果をどうしても考えざるを得ません。

解体時における労務費の増加、搬出→加工→搬入の費用も含め、材としての価値は高いのですが、職人さんの労務費がどうしても加算されてしまうからです。

その費用を最小限度に抑えつつ、新築住宅にて、いかに蘇らせるかが私たちの腕の見せ所になります。

お客様のご希望は、「鬼瓦は?大黒柱は?床柱は?床の間材は?植木は?庭石材は?小屋梁丸太は?、、、」よくよく、ご相談のうえで決定していくことになります。さらには、タンスのリフォームをも、検討する事になる事も、、、。

営業部 太田