大工の川西さんが、I様邸で使用したチークの丸柱の切れ端でかけやを作って下さいました。

 

 


かけやは木づちの大きいもので、くいなどを打ち込んだり、建前の時にも使います。
かけや作りのポイントは、使う時くらくらしないよう、持ち手を差し込む穴をまん中にあけること、割れにくいよう木の目の向きをみて穴をあけ、差し込むことだそうです。
かけやの場合、打つ面は芯があるものを使った方が、欠けにくく強いそうです。

資材課 磯田