こんにちは、資材課の三宅です。

私の仕事場の加工場では、自然の木を使って、出入口枠などを加工しています。当然、自然の木なので、枝の後(節)のある材料もあります。


それを、いかに見えなく(見えにくく)するのが腕の見せどころです。

1例を挙げますと、写真は、敷居(床と床の境にくる)に使う桧の材料に、死に節が1つあります。引き戸のレールがくる場所に、幅を調整して加工し、溝をつくと節が溝の中に。そこに、金属製のレールを入れると、節が見えなくなります。




必ずしもすべて、うまくいくとは限りませんが、少しでも出来映えが良くなるように頑張っています。