先日、現場監督と新築をする現場の構造材の選定に材木屋さんへ行ってまいりました。







(材木屋さんにおいてある丸太を撮影)

化粧梁(部屋内で使用する見える梁)の選定で、
長さや幅(せい)を確認し、
木目がどのように見えるか、
節が気になる場所にあるかどうか、
木目はそろっているかなど、
何本もの材料の中から見てきました。















これぞというものを選ぶことができ、出来上がりが楽しみです。
また、一本一本異なる木材を見ながら、
お客様の住まいの出来上がりを想像するのはとても感慨深いものです。

いい住まい、満足する暮らしになっていただけるようこれからもご提案していきます。

営業部 森本