先週、4月7日の日曜日、井原の桜まつりに行って来ました。

今年は時期がピッタリで、小田川の土手は、桜のトンネルで見応え十分でした。

 



1週間経って、先日13日の土曜日に、県北の新庄村の凱旋桜を見に行きました。

今まで、前を通ったことは何回かありましたが、止まって桜を見るのは初めてです。

朝早く家を出て、9時頃到着。

 

 


3分から5分咲きの桜でしたが、宿場町の面影が残る通りを家族で散策しました。

ちょっと肌寒かったけど、人が少なく十分堪能出来ました。(人が多くなる前。14日の山陽新聞一面には、人がごった返していた。)

建築材としての用途は、フローリング等ですが、本物の桜、サクラ類を本桜、真桜と呼びますが、桜の木目に似たマカンバ、ミズメなどカンバ類をカバザクラ、ミズメザクラ呼んで使っています。

資材課  三宅