営業部 新人の米山です。


「アレルギーを持っているため、自然素材の住宅を建てたい。しかし、自然素材の住宅について詳しく知らない。」

このようなお悩みを持つ方はいらっしゃいませんか?

自然素材の住宅に住むことによって、アレルギーの症状を軽減させることができるので、免疫力の弱い小さなお子さんがいらっしゃる家庭におすすめです。しかし、中には、自然素材の住宅について詳しく知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、今回はそのような方に向けて、自然素材の住宅の特徴についてご紹介します。

 

 

□新築がアレルギーの原因になる?
住宅に使われる断熱材や塗料、建材などから発生する化学物質により、シックハウス症候群というアレルギー反応が起きてしまう場合があります。時間が経過するにつれ、化学物質は少なくなりますが、新築の状態が一番影響を与えます。


また、ダニやカビなどが原因でアレルギー反応を起こす方も近年増えてきています。


これは、住宅の断熱性や、気密性を上げた結果、このような症状が起きるようになったと言われています。

□自然素材がアレルギー対策になる?

 *自然素材のため、化学物質がない
自然素材は、自然からできたものなので、化学物質を一切含んでおらず、シックハウス症候群の予防に役立ちます。より大きな効果を求める場合、家の構造を繋げる接着剤や、断熱材に自然素材を使用することもできます。

 

*湿気を吸収し、放出する
自然由来の木材などは、切られた後も、湿気を吸収したり、放出したりする働きがあります。この働きにより、湿度が高い時は、素材が自動的に湿気を吸収し、湿度が低い時は、湿気を放出するという湿度調節機能を持っています。


これにより、ダニなどの害虫の発生を防ぐ役割もあり、アレルギー症状を事前に防ぐことができます。


また、この機能により、空気の中にある有害な物質まで吸収し、空気を清潔に保つというメリットがあります。

 

 

まとめ
今回は、自然素材の住宅の特徴についてご紹介しました。
自然由来の素材を住宅に使用することによって、アレルギー症状やシックハウス症候群を未然に予防できます。ぜひ、この記事を参考にして、健康に良い住宅を作ってみてはいかがですか?

また、当社では、優れた技術を持った熟練の職人を抱えており、3000件以上の施工実績もあります。

もし、倉敷市にお住まいの方で、質の高い住宅の建設やリフォームを検討中の方がいらっしゃいましたら、お気軽に当社にお問い合わせください。

営業部 米山