こんにちは!土木班の末吉です。

今回は『丁張(ちょうはり)』について簡単に説明します。

私たちが基礎工事に掛かる時、まず最初にする作業が『丁張』をかける事なんです。


まず、『地縄(じなわ)』という建物を建てる位置を地面に白いビニール紐で印したものを張ります。

 ↑ 地縄を張ったところ

その『地縄』の周りに木の杭を打ち込みます。

 ↑ 杭を打ち込むマッスル渡辺

その杭に『貫(ぬき)』と呼ばれる木の板を基準の高さ(基礎の高さ等)で水平に打ち、囲んでいきます。

次に『トランシット』と呼んでいる機械で基準点を元に建物の直角を出し印をしていきます。

 ↑『トランシット』をのぞき込むワタくん



  ↑ 丁張 完了!

こうして、この『丁張』を元にして基礎工事が始まっていきます。


さあ、これから夏本番!

お施主様のため、ぶっ倒れないように頑張るゾー!!


倉敷市・浅口市・笠岡市・総社市の新築・リフォームの基礎工事はお任せください!

建築部土木班 末吉博文