写真は、S様邸の床前板に使用する欅の板です。

 

ケヤキの名は、[けやけきの木]が由来だそうで、[けやけき]には、「目立つ、ひときわすぐれている。」という意味があるそうです。

 

日本を代表する広葉樹のうちのひとつで、材としては、強く、木目もきれいです。

 

 

寺社、城等にも使われ、京都の清水寺の舞台の柱もケヤキ(78)が使われています。(舞台は檜(ヒノキ材))

 

 

資材課   三宅