営業部新人 米山です

 

「倉敷で注文住宅を考えているけど、間取りで後悔したくない!」

「注文住宅の間取りを失敗しないためには、どのようにして考えればいいのか知りたい!」

このようなことを考えている人はいませんか。

どのような間取りの住宅にすれば、住みやすいのか知りたい方もいるでしょう。

今回は、倉敷で注文住宅に住みたい方のための、後悔しない間取りについて解説します。

 

 

□どのような間取りにすれば後悔しないの?

 

注文住宅で、どのような間取りにすれば後悔しないかについて詳しく解説します。

 

*慎重に広さを決める

 

部屋の広さは、設計図だけではわかりにくいことがあります。

「設計図を見ても、部屋は狭く感じなかったけど、実際に作ってもらうと、圧迫感がある」といった失敗をしている方もいます。

特に、リビングの広さは重要です。

 

実際に、どのような家具や収納を置くのかをシミュレーションしておくようにしましょう。

部屋に置くものの寸法を測り、シミュレーションしておくとよいでしょう。

 

*階段の位置に注意する

 

「階段の位置なんて、上り下りのしやすさを考えていればいいのでは?」と考える方もいるでしょう。

しかし、階段の位置は、光熱費にも影響します。

例えば、階段の位置によっては、冬は暖房が効きにくく、夏はエアコンの冷たい空気が逃げてしまうこともあります。

特に広い住宅の方は、階段に扉をつけて、1階と2階の空気をシャットダウンしてもいいでしょう。

また、あまりにも、空気が通らないと、カビが生えやすくなる恐れがあるので、注意が必要です。

 

*ベランダの位置を考える

 

「なるべく、2階にベランダを作って、よく日が当たるようなベランダにしたい!」と考える方もいるでしょう。

日が当たると洗濯ものが乾きやすくよいのですが、洗濯機との位置を考える必要があります。

洗濯機が1階にあるのに、2階にベランダを作ると不便でしょう。

ベランダを物干しとして計画する際には、洗濯機の位置も考えるとよいでしょう。

 

*吹き抜けに注意する

 

「モデルハウスで見たような、吹き抜けにしたい!」という方もいるでしょう。

しかし、吹き抜けは、空気の循環が良くなるので、光熱費も上がります。

特に、暑さ寒さが厳しい地域は、空気が循環しやすいことを理解しておきましょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、倉敷で注文住宅に住みたい方のための後悔しない間取りについて解説しました。

間取りを考える際には、住みやすさだけでなく、光熱費についても考えるようにしましょう。

倉敷で注文住宅について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。