こんにちは。
土木班の末吉です。

今回は、変わった擁壁(コンクリートの壁)を紹介します。

この擁壁はコンクリートの表面にわざと木目を見せるようにしたものです。

その作り方は、

①まず、一般的な型枠を作成。

②その表面に十分に乾燥させた幅9㎝の杉の板を貼りつけていきます。

③型枠を建て込みます。

④コンクリートを打ち込みます。
 ※私たちは、「流し込む」ことを「打ち込む」といいます。

⑤型枠をばらすと↓

 ↑ご覧のように、杉の木目がばっちり!!

 いかがでしょうか?