「ペットに優しい家にするにはどうすればいいの?」

「人と同じようにペットにも、快適な環境を用意してあげたい!」

 

このような考えをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

 

ペットは、大切な家族の一員ですよね。

そして、新築で家を建てるときには、人と同じように快適な環境を用意してあげたいものです。

 

そこで今回は、倉敷市の業者がペットと暮らす理想の家づくりについて解説していきます。

 

□新築時にペットに優しい家にするための工夫とは?

 

ペットに優しい家ってどんな家だろうと頭を悩ませている方もいらっしゃるでしょう。

 

新築を建てる際には、愛犬や愛猫の目線となって、様々な工夫を考える必要があります。

 

具体的には、次のようなことを検討してみてはいかがでしょうか?

 

*できるだけ階段を緩やかなものにする

 

実は、ペットの足裏の肉球は、とてもデリケートな部分となっています。

私たち人間は、スリッパや靴下をはいて、足の裏の保護ができるのですが、ペット達には、難しい問題です。

よって、できるだけ足裏の肉球に負担をかけない工夫が必要になります。

 

また、人間にとっても階段を緩やかなものにすることで大きなメリットがあります。

例えば、妊娠中や、高齢になり足腰が悪くなったときに緩やかな階段のほうが安全と言えるでしょう。

 

*ペットに優しい床材を使用する

 

新築時に一般的に使われるフローリングでは、ワックスをかけてしまうと、ペットにとっては、とても滑りやすくケガやストレスの原因になってしまうことがあります。

ペットがよく使う部屋には、滑りにくい床材を使用することをおすすめします。

 

*ペットフェンスを設置する

 

ペットにとって家の中には、様々な危険がありますよね。

例えば、刃物や火を使うキッチン、外に飛び出してしまう玄関には、十分な注意が必要です。

 

そのような危険に対しては、ペットフェンスを設置することで未然に事故を防げます。

新築時に間取り図を確認して、どのような場所に危険があるかを確認しておくと良いでしょう。

 

*ヒノキチップを用いる

 

犬の死因で大きな割合を占めているのが、蚊に刺されることで発症されるフィラリアです。

 

その対策として、ヒノキチップがおすすめされています。

また、内装にヒノキの床材、腰板、天井材も有効です。

ヒノキには、防虫効果のある成分が含まれているだけでなく、消臭効果も期待できることから、ペットと暮らす家にはピッタリです。

□まとめ

 

今回は、倉敷市の業者がペットと暮らす理想の家づくりについて解説しました。

 

ペットに優しい家を実現するためには、新築時の工夫が重要になってきます。

単にペットに優しいだけでなく、人間にとっても優しい家づくりにつながる部分もあります。

 

当社では、お客様の理想の家づくりをお手伝いさせていただいています。

もし、こんな家にしたい!というお考えがありましたら、一度お気軽にお問い合わせください。