「新築時の間取りをどのようにしようか悩んでいる…」

「間取りを考えるうえで知っておきたいポイントってある?」

 

そのような思いをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

住宅を新築される際には、どのような間取りにしようかと頭を悩ませますよね。

本当に、この間取りでいいのかと不安になっている方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで今回は、倉敷、浅口に在住の方へ、知らないと損する、新築時の間取りの考え方についてご紹介します。

□間取りを決める前に確認しておくこととは?

 

皆さんの中にも、いきなり間取りを決めてしまったという方がいらっしゃると思います。

 

しかし、間取りを決める前には次のようなことを確認しておくことをおすすめします。

 

*土地の形状や周りの環境

 

実は、土地の方角や前面道路の位置のような周囲の環境を確認することは、間取りを考えるうえで大事なポイントです。

例えば、玄関の位置が前面道路の反対側にあると、出入りの際に不便になるし、防犯面からも良いとは言えないでしょう。

 

その土地や周りの環境に合った間取りを考えてみてくださいね。

 

□間取りを決める際の重要なポイントとは?

 

新築時に間取りを決める際には、いくつかの重要なポイントがあります。

 

*採光・風の通り道を考える

 

家の中にいても気持ちの良い採光や風を得られるようにしたいですよね。

そのためには、先ほど述べたように土地の形状や周囲の環境を観察することが必要です。

また、間取りだけでなく、窓の配置にも工夫してみると良いでしょう。

 

*生活動線を意識する

 

生活動線を意識することは、間取りを決める際にとても重要になります。

まずは、普段の一日の動きや流れをイメージしてみて、紙に書いてみると良いでしょう。

特に、家事動線をスムーズにすると、日々の忙しい家事でのストレスの軽減にもつながります。

また、将来的に必要になる動線も考慮することで、より長く住みやすい家づくりを実現できます。

 

*家具や家電の配置を決める

 

家具や家電の配置は、多くの方が間取りを決めた後に考えがちですが、間取りを決める際に、大体の配置を決めておくと失敗する可能性を減らせます。

□まとめ

 

今回は、倉敷、浅口に在住の方へ、知らないと損する、新築時の間取りの考え方についてご紹介しました。

 

より良い家づくりを実現するためには、新築時の間取りは大きなカギとなる部分です。

間取りを決める際には、悩んでしまうことが多いと思いますが、慎重かつ楽しみながら行ってみてくださいね。

 

当社では、新築相談会を行っています。

もし、家を建てる際の悩みごとがありましたら、お気軽にご相談ください。