「新築を建てる際のローンの頭金っていくら必要なのだろう…」

「頭金として使われる費用の相場について知りたい!」

 

そのようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

 

新築を建てる際には、資金計画が重要となりますよね。

その中でも、ローンの頭金にいくら必要になるかは、早めに知っておきたいものです。

 

そこで今回は、倉敷、浅口にお住まいの方へ、新築を建てる際に組むローンの頭金について解説します。

□そもそも、頭金って必要?

 

皆さんの中にも、頭金0円でも新築を建てられると聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

確かに、全額ローンで賄うことで頭金0円でも新築を建てることは可能ですが、その分後々のローン返済の負担が重くなってしまいます。

新築を購入する時に支払うお金を頭金といいますが、それが多ければ借入額を減らすことができ、逆に少なければ借入額が増額してしまいます。

 

やはり、新築を建てる際に組むローンには、ある程度の頭金を用意しておくことをおすすめします。

 

なぜなら、次のようなメリットがあるからです。

 

・月々のローンの返済額を軽減できる

・返済期間を短く設定できる

・借入利息を抑えられ、総支払額を減らせる

 

では、具体的にローンの頭金にはいくら必要なのでしょうか?

 

□新築の際に組むローンの頭金の相場とは?

 

新築の際に組むローンの頭金の相場は、「購入価格の1割~2割」が多くなっています。

 

もちろん、住宅の種類によって金額に差はありますが、新築の購入価格が4000万円の場合は、400万円から800円ほど用意しておくと良いでしょう。

 

基本的には、購入価格の1割から2割、資金に余裕があるならば多めに見積もると良いでしょう。

 

とはいっても、無理をして頭金を用意しようとすると、他の負担が大きくなってしまいます。

今では、住宅ローン減税やすまい給付金などの制度が充実してきているので、一度受けられる制度をチェックしてみてください。

□まとめ

 

今回は、倉敷、浅口にお住まいの方へ、新築を建てる際に組むローンの頭金について解説しました。

 

新築を建てる際の資金計画のなかでも、ローンの頭金はとても重要なポイントとなります。

夢のマイホームを手に入れても、返済の負担が重いと良い暮らしはできません。

安心安全な資金計画を心掛けるようにしてくださいね。

 

当社では、「家を建てる前に聞くと得する資金セミナー」を開催しています。

もし、ご興味がありましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。