「新築で家を建てるなら風水を取り入れたい!」

「風水を考慮して良い部屋の配置を考えたい!」

 

そのように考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

新築で家を建てる時は、良い間取りになっているか、使いやすい配置になっているかも大切ですが、風水にもこだわる方がいらっしゃいます。

 

そこで今回は、倉敷市、浅口市で新築をお考えの方へ、風水から考えた良い配置をご紹介します。

 

□新築で風水を取り入れる際に知っておきたいことは?

 

実は、風水には、中国の環境学である風水と日本独自に発達した家相学というものがあります。

 

どちらも、よりよく暮らすために考えられたものという目的は同じなのですが、何を基準にして決められるかが異なります。

 

中国の環境学である風水では、本命卦(ほんめいか)と呼ばれる個人の生まれた年によって決められる「吉・凶方位」が基準とされます。

 

日本独自に発達した風水の家相学では、鬼門(家の中心から北東に当たる方角)と裏鬼門(家の中心から南西にあたる方角)が基準とされます。

 

日本では、新築時に家相学による鬼門・裏鬼門を気にすることが多くなっています。

本格的に風水にこだわりたいという方は、世帯主の本命卦を参考にしてみても良いでしょう。

 

□風水からみた配置のポイントとは?

 

風水って意外と難しいものです。

皆さんが、新築時に取り入れやすい風水から考えた配置のポイントをいくつか挙げていきます。

 

*「鬼門」と「裏鬼門」の位置を避けるべきもの

 

風水的に鬼門と裏鬼門は、明るく清潔に保つことが大切とされています。

よって、トイレやお風呂場などの水回り、玄関や車庫は、鬼門と裏鬼門の位置を避けるようにすると良いでしょう。

 

*建物は、正方形か長方形が望ましい

 

風水から見て、大きく欠けている間取りだったり、張り出しのある間取りには注意が必要です。

実は、構造的から見ても、大きな欠けや張り出しは、良いものとは言えません。

新築時には、建物の形にも意識してみてくださいね。

 

*玄関から窓が一直線に配置されている

 

玄関と窓が一直線に配置されていると、せっかく入ってきた良い気が、そのまま窓から出て行ってしまうと言われるそうです。

もし、このような配置になってしまった場合は、観葉植物やインテリアを置くなどして、気の流れを遮るようにすると良いそうです。

□まとめ

 

今回は、倉敷市、浅口市で新築をお考えの方に、風水から考えた良い配置をご紹介しました。

 

風水は、よりよく暮らすための知恵として考えられました。

ただ、風水にとらわれすぎるのも問題がありますので、どの程度気にされるのかお気軽にお問い合わせください。

 

当社では、お客様の理想の家づくりとともに笑顔や幸せを創っています。

もし、注文住宅について気になることがあれば、お気軽にご相談ください。