住宅の設計を進めていくうちに、どうしても、直接窓が取れなくて、
暗い部分が出来てしまう場合があります。

より快適な空間確保の為、最大限の工夫はいたします。

それでも駄目な時とか、日本古来からの間取りの住宅を、
再生又、リフォームする時等に、天窓を設置します。

天窓からの明かりの量は、壁面の窓からの量にくらべて7倍だと言われており、
お客様の全てと言っても過言では無いくらい、驚かれます。

特に、再生・リフォームの場合に御提案した場合には、私が驚くくらい喜んで頂けます。

天窓を設置した住宅は、随分昔より存在していますが、
築年数が経過すると雨漏りの原因になるからと、
警戒されるお客様もいらっしゃいます。確かに過去は・・・・。

ガラス瓦の採用が出来る様になった今では、その心配は無用になり、
やむおえず暗い部屋、廊下等、我慢する必要も無くなりました。

事例をご紹介いたします。

事例 1)増改築により発生した空間に設置して、明るい収納部屋に。

















事例 2)再生工事により、天井裏に隠れていた梁を表し高天井の明るく開放的なLDKに変身。

  




事例 3)どうしても北側になったキッチンに、天窓BOXに照明器具も仕込みました。





事例 4)リビングの延長にタタミ敷の茶の間。どうしてもリビングより暗いので。  















事例 5)暗くなりがちな中廊下に。   



 















営業部 太田