注文住宅をご検討中の方必見!和室を作る際のポイントと活用法を解説します!

注文住宅をご検討中の方はいませんか?

「和室を作りたいけれど、ポイントがわからない」

「和室を作っても活用する方法ってあるの?」

このように、和室に関してお悩みの方は多くいらっしゃると思います。

確かに、和室の活用方法はわかりにくいですよね。

そこで今回は、和室を作るにあたってのポイントや活用法を解説します。

□和室について詳しく知ろう!

和室をご検討中の方は多いですよね。

しかし、和室のメリットやデメリットを詳しくご存知の方は少ないのではないでしょうか。

まずは、和室のメリットやデメリットを見ていきましょう。

それぞれのメリットとデメリットを深く考えた上で、和室を作るかどうかを考えられると良いですね。


*和室のメリット

和室の1番のメリットは、様々な用途に使えることが挙げられるでしょう。

使い勝手が良い部屋として和室は人気だと言えます。

ちょっと横になりたいといったときにも使えますし、来客の際の客間や寝室としても使えますよね。

また、和室を子供の遊びスペースとして使ったり、洗濯物をたたむ家事スペースとして利用したりする方法もあります。

和室といった独立したスペースがあることで、メリハリのある空間が生まれるでしょう。

*和室のデメリット

障子や畳、ふすまといった和室に必要なものは自然素材のものが多いですよね。

これらは、定期的なメンテナンスが必要だと言えるでしょう。

障子やふすまは、小さな子供がすぐに破いてしまう可能性があります。

張り替えが面倒だからと放置していたら来客の際に恥ずかしい思いをしたといったケースがあります。
また、畳も定期的に張り替えが必要ですよね。

ペットを飼っている場合、劣化が早くなるといったケースもあります。


□和室の使い道

和室を作る時、「何のために和室を作るのか」を決める必要があるでしょう。

目的を決めずに作った場合、ただの物置になってしまうといったケースがあります。

和室の使い道を見ていきましょう。

*客間

やはり、和室を客間として利用される方は多いです。

来客の多い家庭の場合、重宝すると言えるでしょう。

しかし、来客の頻度はそれほど高くない場合が多いですよね。

無理に客間として和室を採用し、他の間取りに影響を与えてしまうこともあります。

来客の際に、ホテルを使ってもらうといった選択肢もあるため、無理に客間を作る必要はないと言えますよね。

そのため、間取りに余裕がある場合に和室を検討すると良いでしょう。

*和室を子供のスペースにする

お子さんが小さい時の昼寝スペースや遊び場に和室は最適ですよね。

遊び場として使う場合、リビングにおもちゃが散らかることを避けられます。


□和室を作る際のポイント!

*一部に和室を作ろう

リビングやダイニングに小上がりの和室を作ると良いでしょう。

キッチンから炊事をしながら子供を見守れるでしょう。

また、和室で一緒に洗濯物をたたむといった作業もできます。

個室を作りたい場合は、障子やふすまを閉めれば個室を作れます。

小上がりの下部には、収納スペースを作れるため、リビングにものが溢れる事←追記自体を避けられるでしょう。

その際、洋室と和室を混同させるため色使いに気をつけましょう。

離れた色にすると、一体感のある雰囲気が作れません。

色合いを統一すると、違和感を感じない統一感のある部屋が作れるでしょう。

*小さい和室スペース

小さな和室スペースを設置するのも良いでしょう。

また、フローリングの上に置き畳も良いのではないでしょうか。

畳の気持ち良さを感じながら、昼寝もできるスペースを作れます。

和室のデメリットを最小限にとどめ、和の風情を取り入れられるでしょう。

*フローリングに畳を置く

フローリングの中に畳を取り入れ、和の風情を取り込む方法があります。

フローリングの上に畳を置くだけで、部屋の模様替えを行う場合に最適だと言えるでしょう。

□和室を作る際の注意点

上記では、和室を作る際のポイントをご紹介しました。

しかし、和室を作る際には注意点があることをご存知でしたか?

以下では、和室を作る際の注意点をご紹介しました。

和室を作る上で一番の注意点は、部屋の中にできるだけ家具を置かないことです。

和室の部屋に多くの家具があると、和室特有の雰囲気を壊してしまう可能性があります。

また、畳では、家具を置くと跡が残ってしまいます。

それらを防ぐためにも、部屋の中にできるだけ家具を置かないように注意しましょう。

家具のないすっきりとした空間が和室の良さだと言えます。

上記で紹介した和室を作る際の注意点を参考にしながら、体も心も癒せる和室を作りましょう。


□まとめ

今回は、和室を作るにあたってのポイントや活用法を解説しました。

もし今後和室の作成をお考えの場合、この記事を参考にしてくださいね。

当社では、注文住宅についてのご相談を随時受け付けております。

注文住宅の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。

ぜひ一度、当社までお問い合わせください。