適所に収納が有ると便利ですよね。
かといっても全ての希望場所に収納をとる事も、
色々な都合によりなかなか思うようにはならない事が多いです。

私は、収納の奥行が非常に大切だとおもいます。

お布団の様に大きなものから色々な箱入りのもの、
子育て世代にはおもちゃも、その他買い置き品も色々。
寸法もそれぞれ。
よくよくお家の中を見渡してみると、
びっくりするくらい寸法はまちまちです。

家の設計時にお客様が、
ご希望な項目の一つに収納の多い家にしたいがあります。

必ずこちらからお尋ねするのが、お布団は何組?

お布団以外に、お布団の寸法があるものは?

そこで気付かれるのですが、
一般的に作られている押し入れ、物入の内、
住宅の規格寸法(9001000)の奥行の必要な物は、
お布団以外にはほとんど無いことです。

クローゼットにしても、
本当に規格寸法のままで良いのでしょうか?

以下事例をご紹介いたします。

1)お座敷に、まずお布団専用の押し入れを。
 次にお仏壇置き場を。そして床の間を







2)リビングの壁面全体を家具調収納に。
 TV・アンプ・スピーカー・雑誌等々と。
 必要に応じて建具も取り付け可能な材料で。
 












    


3)納戸・パントリーの両面壁に奥行の違うオープン棚を。
 もちろん棚板は全て可動式にして収納品に応じて変更出来る様に
   
















  

4)中二階の小屋裏収納の下を床梁を表して、
 大きめの家族全員のクローゼットと、更衣室として。
 お手持ちのタンスを置き、他の部分には、棚とハンガーパイプ。














5)キッチンフードの裏側を、
 壁の奥行を有効利用したオープン収納を。
 必要な場所には、建具も可能です。
















よくよく悩み、考えた上で、
より効率的、経済的収納をつくりませんか。        




営業部  太田