倉敷市・浅口市で注文住宅をお考えの方必見!無垢材のメリットをご紹介します!


無垢材を住宅に使うか検討されている方はいらっしゃいませんか。

また、無垢材(むくざい)のことはよく分からないが、何であるか知っておきたいという方もいらっしゃるかもしれません。

近年人気が高まってきているため、気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回は無垢材の利点に焦点をおいて紹介します。



☐そもそも無垢材とは?

無垢材とは、どんな素材のことを指しているか、ご存じですか。

もしかしたら、知らない人もいらっしゃるかもしれません。

最初に無垢材についてご説明します。

無垢材は、合板や薄くした木板を、接着剤で張り合わせてブロック状にした集成材のようなものではありません。

使用する形状で丸太から切り出した木材のことを指します。

天然の材質なので、割れやひびなども入りやすいともいわれていますので、選別にはプロの眼が必要です。

集成材などの加工した木材にはない風合い温かみがあるのが人気の理由であるといえるでしょう。


☐無垢材の利点とは?

無垢材がどんなものであるか、理解していただけましたか。

無垢材を使うことで、どのような利点があるのか、まだわからないという方もいらっしゃるでしょう。
次に無垢材の利点を3つほど紹介します。

せっかくなら、理想に近い素材のものを使いたいですよね。

その利点に、自分の求めている要素が入っているのか、確かめてみてください。

また利点を知ったことにより、考えに変化が起こることもあるかもしれません。

*温かみのある木の質感

利点として最初に挙げられるのは、無垢材にしか出せない温かみのある木の質感があるという点です。

いわゆる、木材本来の味を感じられるということです。

天然木であることから、1枚1枚木目や色が全部違っています

また、丸太からの切り抜き方でも、木目が変わってくるのも特徴だといえるでしょう。

そのため、同じ木目の無垢材は存在しないのです。

丸太の切り抜き方を変えて、変化を見てみるのもおもしろそうですね。

その自然で調節されていない感じが、落ち着いた雰囲気を演出してくれると人気の理由なのでしょう。

唯一無二の住宅やフローリングの質感を味わいたいという方は、ぜひ無垢材を使うことをおすすめします。

*湿度を調整する

利点の2つ目として、湿度を調整できるという点が挙げられます。

天然の木は、伐採された後も呼吸を続けており、空気をたくさん含んでいるということを知っている方も多いのではないでしょうか。

また、天然木は熱伝導率が低く、熱さや寒さなどの急激な変化から守ってくれるという特性があります。

余分な水分を吸収することにより、湿気や乾燥をさりげなく防いでくれるのです。

湿気が多くなれば水分を吸収し、乾燥すると内部の水分を水蒸気として空気中に放散する、いわばエアコンのような働きをしているといえるでしょう。

調湿作用が優れている例として、奈良にある正倉院が挙げられます。

なぜかというと、木の持っている優れた調湿作用により、1300年近くの時を経た今でも、中の宝物を大切に守り続けているからです。



*ダニ、カビ、細菌類に強い

利点の3つ目として、ダニやカビなどといった細菌類に強いという点が挙げられます。

木の精油には、ダニ、カビ、細菌類の増殖を抑える効果があります。

たとえば、ヒバやヒノキに含まれているヒノキチオールという精油成分は、細菌類の増殖を抑制する効果が期待できるでしょう。

このように、いくつかの精油成分が抑制する効果を持っているため腐りにくいといえるでしょう。

これが、木の家が長持ちしている理由です。

また、アレルギーや喘息の原因となるダニの増殖も抑えられる木があることも確認されています。

先ほど木の持つ調湿作用が優れていることを紹介しました。

この調湿作用が優れていることにより、結露やカビも防止できるのです。

更に空気を綺麗に、より快適に保つことができるのです。


*経年変化を楽しめる

無垢材は、時間の経過とともに、色合いがだんだんと変化します。

時を重ねるごとに深い飴色になり、より木目がなじんで美しくなっていくのが無垢材の特徴だといえるでしょう。

種類によってその変化の仕方は様々で、次第に色が濃くなっていくもの、木目が際立ってくるものなどがあります。

施工したばかりの真新しい状態も、もちろん美しいです。

しかし、年月を重ねることに出る味わいある姿の方が、より魅力的であるといえるでしょう。

アンティークのような風合いが出てくるのは素敵ですよね。

この経年変化は、予想できるものではありません。

そのため、この変化を楽しみながら過ごせるのもいいですね。

年月を重ねるごとに経年変化を楽しめるのは、天然の無垢材ならではだといえるでしょう。

  ↑ 新築後18年経過した当社施工物件


☐まとめ

数多くの利点があると分かっていただけたのではないでしょうか。

無垢材には、他にも今回紹介できていない数多くの利点があります。

この利点をバランスよく使うことによって、良い住宅が建てられるのではないでしょうか。

これから住宅を建てようと考えている方は、ぜひ無垢材の使用を検討してみてください。