倉敷市・浅口市に自然素材で注文住宅を作りたい方必見!特徴を詳しく説明します!

住宅を建てるとき、自然素材を利用する方がいいと聞いたことはありませんか。

自然に優しいからという理由だけですすめられていると思っている方はいませんか。

実はそれ以外にもおすすめされている理由があるのです。

今回は、自然素材を利用する際の注意点も合わせて紹介します。



☐住宅に自然素材を利用する理由

これから住宅を建てる方におすすめしたいのが、自然素材を利用した住宅です。

あえてなぜ自然素材を選んだ方がいいのかを知りたいと思う方もいるでしょう。

自然素材の住宅は、有害な化学物質を使用していないため、人体に優しいという利点があります。

工業製品は建材を作るときに接着剤や着色料などの化学物質を使用しています。

そのため、人によってはシックハウス症候群や化学物質過敏症といった体調不良になってしまうこともあるといえるでしょう。

このような病気を聞いたことのない方もいらっしゃることでしょう。

一般的に、住宅の建材には施工が簡単でコストの安いビニールクロスや合板などが使われます。

このようなものに化学物質が含まれている場合があるため、体調不良を起こしてしまうのです。

しかし、自然素材はこういった物質を使用していないため、このような病気になる心配はありません。

今からこれらの病がどういったものなのか、ご説明します。



*シックハウス症候群

このような病名を聞いたことのある方は少ないのではないでしょうか。

建材や家具に使われている接着剤・塗料・防腐剤に含まれる化学物質や、カビやダニなどが原因で症状が引き起こります。

症状として、目や喉の痛みや違和感、全身のだるさや頭痛といった体調不良を引き起こします。

どのような住宅に住んでいる方が、この病気になりやすいかご存じですか。

工業製品に含まれるホルムアルデヒドといった化学物質は、揮発性が高いことで知られています。

そのため気密性の高い新築の家でこの症候群になる人がいます。


*化学物質過敏症

この病名を聞いたことのない方も多いのではないでしょうか。

非常に微量の薬物や主に揮発性有機化合物の化学物質の曝露であっても、健康被害が引き起こしてしまう疾病のことを指します。

一見シックハウス症候群とほぼ一緒だと感じた方もいらっしゃるでしょう。

実は、シックハウス症候群よりも幅広い症状を持つのが特徴とされています。

人によっては自律神経失調症や不眠、うつ、結膜炎といった重篤な問題を引き起こすこともあるようです。



☐利用する際の注意点

自然素材を使うことは利点ばかりではありません。

もちろん欠点もあります。

しかし、対策をしっかりと行うことで、予防できるでしょう。

また、自然素材を使った住宅はきちんと手入れをすることで、再生していきます。

そのため、長い間使えることが何よりの魅力だといえるでしょう。


*傷がつきやすく傷みやすい

自然素材をフローリングに使用した場合、樹種によっては傷がつきやすいという欠点があります。

特に、椅子の足などは傷をつけやすいため注意が必要でしょう。


*変形や変色する可能性がある

天然の材木は、乾燥することで変形変色することがあります。

そのため、無垢素材を使用する際は適度な含水率に潤すようにしましょう。

また、天然素材であるため日焼けなどによる色のばらつきも樹種によっては起こりやすいため注意が必要です。



☐地域の活性化につながる

自然素材を使うことは、私たちの身体的な面において、利点があることが分かっていただけたでしょう。

それ以外にも利点はあります。

自然素材を使うことは、地域の活性化につながるのです。

地産地消という言葉をご存じですか。

地産地消は、地域生産・地域消費の略語です。

その地域で作られていたものを、その地域で消費することです。

このような活動は、地域経済の活性化にもつながるといえるでしょう。

このような考え方は、木材にもあてはまるのです。

また雨が多い日本では、湿気に強い住宅を建てなければなりません。

国産材を利用して住宅を建てるということは、日本の気候に合った住宅を建てられるということです。

そのため、国産の木材を利用することは、日本の厳しい環境にも対応できるような、より強い家を建築できるということなのです。

利点はそれだけではありません。

日本の木を使って家を建てるようになれば、山にも手が入り、森はよみがえります。

緑が増えれば、温暖化の進行を防ぐことにもつながるでしょう。

また、その場に人が働く場所も生まれでしょう。

国産材を使って家を建てることは、森と人とが循環し、暮らしと環境を守ることにつながるのです。



☐まとめ

今回、住宅に自然素材を利用する際の利点と注意点をご紹介しました。

自然に優しいという理由以外にも、様々な利点があると分かっていただけたのではないでしょうか。

注意点にあわせた対策をすることで、欠点はそこまで気にならなくなるでしょう。

住宅を新しく建てる方は、自然素材を利用してみてはいかがでしょうか。