倉敷、浅口で注文住宅を考えている方はいらっしゃいませんか?

その中で「注文住宅の間取りってどうやって決めたらいいのかわからない」または「間取りを決めるときの重要なポイントってなにかわからない」などの考えをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、注文住宅における間取りの決め方についてご紹介します。


□家をすっきり見せる収納アイデアをご紹介!

収納スペースは、広ければいいというわけではないということをご存じでしょうか?

収納にスペースを取りすぎてしまうと、他の部屋の間取りにも影響してしまい、後悔することになるかもしれません。

家をすっきり見せるためには、ちょうどいい広さの収納スペースであることが重要です。

しかし、ちょうどいい広さの収納スペースは、何を基準に考えればいいかわからない方も多いでしょう。

スペースを決めるうえでの便利な基準は、今住んでいる家の状況です。

今住んでいる家はどれくらいのものを収納しているのか、また、その家の収納スペースに収まっているのか、将来収納するものが増える可能性があるのかなどを基準に考えてみることをおすすめします。

ものは1つの家に住む期間が長いほど増えていく傾向があるので、今住んでいる家の収納スペースよりもゆとりのあるサイズにしておいた方がいいでしょう。

また、収納スペースを考える時に、床面積を広くしようとする方がいますが、収納に関しては壁面積で考えた方がいいでしょう。

理由としては、床面積が広いとものを奥の方にしまったり、もの同士を積み上げてしまったりして、取り出しにくくなってしまうことがあるからです。

壁面積を広くしてあげることで、棚を取り付けるのも簡単で、取り出しにも困らないでしょう。

では、家をすっきり見せるための収納アイデアについて3つご紹介します。

1つ目は、調理器具や食品などを保管しておくパントリーと言われる倉庫のようなものです。

中には、パントリーに冷蔵庫を収納している方もいらっしゃいます。

場所としてはキッチンの中か、キッチンの隣が一般的です。

キッチンでは、食品だけでなく調理器具や電子レンジ、炊飯器などの電化製品などもあり、きちんと収納できていないとごちゃごちゃした汚いキッチンに見えてしまうでしょう。

しかし、パントリーがあればそんなことにならないで済みますし、調理スペースを十分に確保することも可能です。

また、壁に棚を取り付けることでより多くのものを収納できるようになります。

ただし、奥行きがある壁面収納はおすすめしません。

なぜなら、奥にあるものが取りにくくなってしまうからです。

そのため、できるだけ奥行きより横幅が広い棚を取り付けるようにしましょう。

2つ目のおすすめのアイデアは、部屋に間仕切りを作る収納アイデアです。

家の中でも、リビングは子供が好きな場所なので、おもちゃなどでよく遊ばれているかと思います。

ですが、家事をしながらそのおもちゃの片付けを子供にさせるのは大変ですよね。

また、家の敷地面積が狭くて、収納として使うスペースがないとお困りの方もいらっしゃるでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、リビングなどに間仕切りを設置してあげる収納アイデアです。

そうすることで、家事をしながらでも子供の片付けを見守れ、多少汚くても間仕切りを設置していると見えないので、家もすっきりします。

間仕切りで作った収納スペースは、子供のおもちゃ置き場だけでなく家族の物置としても使えるので検討してみてはいかがでしょうか。 

3つ目に紹介する収納アイデアは、大事なものなどを収納したい方におすすめしたい屋根裏収納です。

収納は普段使わないようなものより、よく使うものなどを取り出しやすいようにしておくのがおすすめです。

よく使うものは日常生活で利用している収納スペースを活用しますが、普段使わないものはどこに収納すればいいのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、屋根裏収納です。

普段は登らないようなところに収納スペースを作ることで、あまり使わないものなどを収納するのに最適なスペースができるのです。

みなさんのなかで、スキーやスノボ、マリンスポーツをする方もいらっしゃるかと思いますが、それらに使う道具などは普段使わないものですよね。

そこで、それらを日常生活で利用している収納スペースではなく、屋根裏に収納することで家がすっきりします。

また、大事なアルバムや思い出の品なども普段は使わないので、屋根裏に収納するのもいいでしょう。

今回紹介した3つの収納アイデアの他にもアイデアはいろいろありますが、収納で重要なのは最大限スペースを生かせるかどうかということです。


□水回りの間取りの決め方とは?

みなさんは水回りの間取りをどのように決めているでしょうか?

水回りの間取りでは、それぞれの場所を集中させて設置するといいとよく言われています。

その理由としては、利便性がよくなるということや、水道管の配管工事などがしやすくなるため、結果的に工事費を抑えられるからです。

また、シャワーや洗濯機など水回りを使用するときは音がよく響いてしまいます。

そのため、プライベートルームなどに音が響きにくいような間取りにしましょう。


□ほかに注意しておきたいポイントとは?

注文住宅はご自身の好きなように設計ができますが、その分失敗しやすいのでここでは注意点についてご紹介します。

明るい家にしたいため、吹き抜けを検討されている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、吹き抜けは昼間は明るくても、夜の室内が暗くなりがちです。

また、エアコンの効きも悪くなってしまうので、夏は暑く冬は寒い家になってしまいます。

また、生活音が響きやすいため、気になってしまう方もいらっしゃるでしょう。

吹き抜けをあこがれる方も多いですが、注意しておくべきポイントは知っておくべきでしょう。

また、よく失敗するポイントとしてコンセントの配置が挙げられます。

コンセントの配置はご自身のライフスタイルや生活動線を考慮しないと、後悔する原因となってしまいますので、どこにコンセントがあれば便利なのかをイメージしてから決めるといいでしょう。

注文住宅はおしゃれにしたいと思う方も多いかと思いますが、デザインだけでなく使いやすさも重視することが重要になってきます。

せっかくの注文住宅ですが、おしゃれはほどほどにしておくことをおすすめします。


□まとめ

今回は、注文住宅における間取りの決め方についてご紹介しました。

収納に関してはスペースの有効活用、水回りに関しては位置を集中させることと音が響かないようにすること、その他では生活動線や使いやすさが重要なポイントです。

注文住宅を検討中の方は、ぜひこの記事を参考にして理想かつ住みやすい家を建てましょう。