倉敷、浅口にお住まいの方で、注文住宅を検討中の方はいらっしゃいませんか?

注文住宅は自分の好きなようにデザインができるという大きなメリットがありますが、いざ建ててみると「こんなはずじゃなかったのに」という感じることもあります。

そこで今回は、注文住宅の間取りに関する失敗とその対策について紹介します。

□注文住宅の間取りの失敗例

「自分の好みでデザインしたのだから、失敗なんてすることない」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、これから紹介する失敗例はよく見落とされるポイントですので、知っておいて損はないでしょう。

まず1つ目は、コンセントが届かない、スイッチの場所が悪いなどの配線系の失敗例です。

現代において、家電製品は欠かせない存在ですが、それらは電気がないと使えません。

そこで重要になってくるのが、コンセントです。

しかし、注文住宅でデザインを重視しすぎたせいでコンセントの数が足りなかったり、使いにくい配置であったりと後で気づくことが多いです。

また、スイッチの場所が悪く、ドアを開けた時に隠れてしまうというようなこともあります。

そのため、コンセントやスイッチはご自身のライフスタイルや、生活の動線に合わせて設置しましょう。

つづいて、生活の快適さを大きく左右する収納に関する失敗例として2つ紹介します。

1つ目は、壁面収納にしてみたけどそのせいで、ソファやデスクを置くスペースが限られてしまったという例です。

もう1つは、廊下の左右にハンガーをかける場所を作って、ウォークインクローゼットのようにしてみたが、生活の邪魔になっていて、収納に関してもいまいちであるという例です。

これらの失敗例には、理想と現実の不一致が原因であると言えるでしょう。

これの対策としては、どれくらいの量やサイズのものを収納するのかを把握し、収納スペースをしっかりと確認しておくことが大事です。

また、よく使うものを出し入れしやすい設計になっているかについても考えることで、より失敗を防げるでしょう。

また、部屋を広くしたいと考える方は、たくさんおられますが、ご自身のライフスタイルにあった部屋の広さじゃないと、のちに後悔する原因となってしまいます。

例えば、玄関の収納を広くしすぎたせいで、メインの玄関が狭くなってしまったということや、広いリビングにしてみたがエアコンがなかなか効かないなどの失敗例があります。

一方で、狭すぎる部屋も不便ですので、部屋の広さを決めることはとても難しいです。

あえて広い部屋にしておいて、スライドドアなどで簡単に間仕切りができるようにしておくこともいいかもしれません。

□間取りで失敗しないための対策とは?

間取りには、失敗して取り返しのつくものと、つかないものがあるのをご存じでしょうか?

収納に関しての失敗例がよくみられますが、取り返しのつくものがほとんどです。

収納家具もたくさんあるので基本はそれでカバーできますし、もしリフォームをしないといけなくなっても、たいして大きな工事にはなりにくいです。

しかし、もし取り返しのつかないところで失敗してしまうと、後悔は免れませんよね。

ここでは、その取り返しがつかないものをいくつか紹介します。

まず、窓やサッシのリフォームは、耐震性能にも関わってくるので簡単にいじれません。

ほかには、比較的費用が高くなる水回りや、バルコニーなどの屋上、部屋の広さに関わる壁や部屋の配置などが挙げられます。

そのほかにも、取り返しのつかない部分はたくさんあるので、事前に確認しておきましょう。

こういった失敗を事前に防ぐためには、その間取りのデメリットについて知っておく必要があります。

業者の方が伝えてくれるメリットとデメリットを考慮して、このデメリットでもこの間取りにしたいと思うものを選びましょう。

また、ご自身の要望よりもいい代わりの案があるときや、不可能な要望だった場合、はっきりと言ってもらえるように伝えておきましょう。

注文住宅で、細かなコミュニケーションや報連相がとても重要なので、少し面倒だと感じても
お互いに意思疎通が取れているかをしっかりと確認していただくことをおすすめします。

つづいて、取り返しがつかなくなる危険があるのが、電気工事です。

電気系の失敗例は、かなり上位にある後悔しがちな部分の1つです。

電気系は、ご自身のライフスタイルや置く家具によって大きく変わるので、業者からは簡単なアドバイスしかできません。

ご自身で決めないといけない部分なので、失敗しないためにも慎重に考えましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の間取りに関する失敗とその対策について紹介しました。

注文住宅では、1つのことだけを考えればいいというものではありません。

全体的にみて、後のことも考えることがとても重要です。

今回紹介した内容を知っておくだけでも、失敗のリスクはかなり下げられるので、ぜひ参考にしてみてください。