写真は、加工場を手伝ってくれた秦野(はだの)大工見習いが
井戸のふたを作成しているところです。

 

ふたの裏に、十文字で桟を組んでいるのですが、
桟の真ん中をお互いにかいで、その部分を金づちで叩いてへこませて、組み合わせます。

この行為を木ごろしと言い、大工の技術のひとつです。

 


木の特性のひとつに、
へこんでも元に復元しようとする性質を利用して組んだ後、
よりしっかりと密着させる技術です。

 

出来上がりは、この通りです。
 

資材課  三宅