木造の注文住宅を購入したいけれど、寿命がよく分からないという方はいませんか?

住宅の寿命は30年と言われることも多いですが、本当なのかと疑いますよね。

住宅の寿命をある程度知っておくと、将来のリフォームや建て替えの計画を考えやすいでしょう。

そこで今回は木造住宅の平均寿命について解説します。



□耐用年数と実際に住める年数は異なる

住宅の寿命は30年と言われていますが、
30年というのは寿命ではなく、何らかの理由で取り壊された住宅の築年数を元に出されています。

つまりまだ住めるのに30年以内に取り壊されてしまった住宅が多いのです。木造住宅に30年しか住めないということではありません。

実際は、構造体に使われる木材から考えて、最短でも80年は大丈夫と思います。

しかし、住宅の構造の差や住人がどれだけメンテナンスを行ったかで大きく変動するでしょう。

早く30年で寿命が来てしまうこともあるため注意してください。


□木造住宅の平均寿命が伸びた要因とは

木造住宅の平均寿命が伸びた要因として以下のことが挙げられます。

1つ目は経済成長期より現代の方が、住宅の更新が遅いことです。

経済成長期は新しい建物を好む人が多く、古くなった建物は取り壊して新しいものを作るという傾向にありました。

経済が著しく伸び続けたことで、将来に対して楽観的になったことが理由でしょう。

しかし経済成長が滞り始めると、新しいものを作るのではなく既存の建物を長持ちさせることが重要だという考えが根付くようになりました。

また近年では古民家をリフォームするなど、日本の伝統文化ともいえる木造建築に魅力を感じる人も増えています。

建築の技術が年々向上したことで、古民家に現代的な機能性を持たせられるようになったことも追い風と言えます。

2つ目は住宅の建てやすさの変化です。

住宅は人生の買い物の中でも、最も高額な買い物でそうそう簡単には建てられませんよね。

しかし、経済成長期では将来に対してなんとかなると楽観的に捉えて、住宅を購入する人が多くいました。

一方で現代は税率の向上など、さまざまなものに費用がかかり将来に不安を抱える人が増えており、安易に住宅を購入する人は減っています。

そのため住宅を新しく買い替えるのではなく、リフォームやリノベーションをして必要な機能だけを追加することにお金を使うなどして、子供や孫などに相続して長期的に活用することが一般的になりました。

新しく買い替えて、費用を無駄にするのではなく有効活用して資産として残せるのは大きなメリットですね。



□長く一戸建てに住むためにするべきこととは

住宅に長く住み続けるためには、日々対策をすることが必要です。

以下で具体的な2つの対策を以下で紹介します。

1つ目は定期的な掃除と点検を習慣にすることです。

住宅の中も外も、掃除を定期的に行うことが住宅の寿命を伸ばすことにつながるでしょう。

掃除をすることでさまざまなところに目がいくようになり、変化に気が付きやすいです。

病気と同じで重症化してから気づくと費用と手間がかかりますが、早期発見することで手軽に費用を抑えて対処できます。

床や棚の拭き掃除をして清潔に保つという意味で重要ですが、住宅の寿命を伸ばすために特に注意して見るべきポイントは外壁部分と水回りです。

外壁のひび割れや、水回りの水漏れや異臭を見つけた場合はすぐに対処した方が良いでしょう。

外壁のひび割れは、雨漏りの要因となることが多いです。

外壁は外からの雨や風、日差しから守ってくれるものであるため、そちらがダメージを受けていると雨漏りなどの発生が早まってしまいます。

そのため、早め早めの対策が必要になります。

水回りはキッチンや洗面台、便器、風呂など数多くありますが、いずれも寿命はあまり長くないため注意が必要です。

水回りは放置しておくと汚れと傷がひどくなったり、構造体が腐食したりして寿命が縮まってしまうため部品の交換などが必要です。

また、シロアリについても対策を施す必要があります。
5年おきにメンテナンスを行うようにして、床下に薬剤を撒くなどして処理しましょう。

2つ目は災害から住宅を守るために保険に加入しておくことです。

年月が過ぎることでの住宅の劣化は、定期的にチェックすることで対応できます。

しかし台風や地震といった大規模な災害によって被害が生じた場合は、修繕に莫大な費用がかかる可能性が十分にあるでしょう。

突然の高額な出費に見舞われないために、保険に加入するのがおすすめです。

住宅ローンを組む際に保険に加入していない場合は、災害が起きたときにサポートを受けられる保険への加入を検討してみると良いでしょう。



□まとめ

今回は木造住宅の平均寿命について解説しました。

木造住宅の寿命は、住人がどれだけ日頃からメンテナンスを行うかで変わります。

木造の注文住宅を建てたい方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。