こんにちは。新入社員の西森です。

今回ご紹介するのは、明治時代に建てられた築130年の古民家再生工事です。

建物の構造や、地盤、外壁など現場調査をして、
再生可能と判断し、構造的に必要な箇所は補強し、
既存の梁や柱などを活かし枠材など、
無垢材の地松や桧を中心に使用した再生工事です。









     

      Before                   After
玄関から和室

工事完成後、現場監督と営業の先輩に感想を聞きました。

現場監督 梶谷さん「床の高さをそろえる工事が大変だった。
また生活をする上で、使い勝手のいい部屋になる様に考えた。」

営業 藤井さん「古民家をただ単に性能の低い家として解体される世の中で、
古民家を次世代にも地域にも残していきたいというお客様に巡り合えて幸せでした。」

僕も先輩方のように提案力や技術を身に付け、立派な営業マンになれるように頑張ります。

そして森本工務店は新築だけでなく、リフォームや古民家再生にも力を入れているので
いつでもお気軽にご相談ください。お待ちしています。(^^)/

 

営業 西森