「注文住宅を建てようと考えているけれど、どのような素材を使ったらいいのだろう。」

「できれば自然素材を使いたいな。」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

実際に自然素材にはさまざまな種類の素材があるので決めるのは簡単ではないでしょう。

そこで倉敷の専門家が、注文住宅に使う自然素材の種類を解説します。

 

□注文住宅の壁に使用する自然素材とは?

 

今回は、壁に使われる自然素材と床に使われる自然素材を分けて解説します。

まずは、壁に使用されるものから紹介します。

 

*珪藻土(けいそうど)とは?

 

まず1つ目が珪藻土です。

珪藻土とは、植物性プランクトンの化石を原料としている壁材です。

表面にたくさんの細かな穴があるため、湿度を調節する機能に優れているので、湿度を気にする方にはおすすめでしょう。

 

また、シックハウス症候群を防ぐ効果があると言われており、大変人気があります。

そのほかにもカビやダニの発生を抑えられるので、ぜんそくやアトピーなどのアレルギー症状などをお持ちの方に優しいと言われています。

 

*漆喰(しっくい)とは?

 

漆喰とは、消石灰に砂や海藻糊などを混ぜてペースト状にしたものです。

昔から日本の家にとって欠かせないものとして使われてきた伝統的な壁材です。

また、室内だけでなく外の壁や塀などにも使用できます。

 

主な特徴としては仕上がりの面をフラット仕上げにできることでしょう。

また、こちらもシックハウス症候群を防ぐ効果があります。

そのほかにも、吸湿や放湿、耐久性に優れており、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるでしょう。

 

□注文住宅の床に使用する自然素材とは?

 

ここまで、壁材について解説してきました。

ここでは、床に使われる素材について解説します。

 

*無垢材とは?

 

無垢材は非常に人気がある自然素材で、触り心地が良く、ぬくもりがある魅力的な素材です。

また、触り心地とぬくもりに加えて、香りも良く、使用するにつれて味わいが出てくるという特徴があります。

 

無垢材は非常に種類が豊富で、どのような木を使うかによって木目や色合いが変わってくるでしょう。

それではどのような種類の無垢材があるのか1つずつご紹介します。

 

1つ目はスギです。

みなさん聞いたことがあるのではないでしょうか。

スギは針葉樹で木目がはっきりしていて、手を加えやすいです。

空気を多く含んでおり、柔らかいという特徴を持っており、他の無垢材よりも触ったときに優しさを感じられるでしょう。

また、床だけでなく、天井や壁にも使用されます。

 

2つ目はヒノキです。

こちらもスギと同様に多くの家で使われている人気の無垢材と言えるでしょう。

硬くて丈夫という特徴を持っていて、建築材として非常に優秀です。

 

これら2つは日本で大変人気の無垢材となっています。

しかし、そのほかにもベイマツや北欧パイン、ナラなど、さまざまなものがあるので、気になる方は調べてみてもいいでしょう。

 

*コルク、リノリウムとは?

 

基本的に床材には無垢材が多く使われますが、そのほかにもコルクやリノリウムといった素材も使用されることがあります。

コルクは環境に非常に優しい自然素材で、弾力性に優れておりまた、非常に高い断熱効果を持っています。

 

リノリウムは耐水性や耐久性に優れていて、ある程度の弾力性があります。

キッチンのような水回りで使用されることが多いでしょう。

また、加える原料によって、多彩な色柄が作り出せることも大きな魅力と言えるでしょう。

 

□自然素材の家のメンテナンス方法をご紹介します!

 

ここまで、壁材と床材に分けて自然素材の種類を解説してきました。

実際にここまで読まれた方は、どのような素材があるのか把握できたのではないでしょうか。

しかし、きちんとしたメンテナンスをしなければ長持ちしないでしょう。

そこで、自然素材の家のメンテナンス方法をご紹介します。

 

まず初めに無垢材のメンテナンス方法をご紹介します。

無垢材に関しては、そこまで凝った手入れをする必要はなく掃除機やフローリングワイパーを使用した掃除を行うだけでいいでしょう。

仮に汚れが目立つのであれば中性洗剤入りの水を固く絞った雑巾で、こすらずに軽く拭きましょう。

 

次にフローリングに傷やへこみが見られた場合です。

もしそのようなことが見られた場合はアイロンを使用することで修復できます。

傷ついた部分やへこんでしまった部分に湿らせた布を置いて、その上からスチームアイロンをかければ、修復できるでしょう。

 

最後に壁の手入れをご紹介します。

壁の手入れははたきでホコリを落とすだけの簡単な作業だけでも問題ありません。

仮に汚れがついた場合は、軽い汚れであれば消しゴムやスポンジで汚れを落とせるでしょう。

 

□まとめ

 

今回は注文住宅に使われる自然素材の種類と、そのメンテナンス方法について解説しました。

床材は特に無垢材がおすすめです。

また、倉敷にお住いの方で注文住宅に関する疑問がある方は、当社までお気軽にご相談ください。