注文住宅をご検討中の方でどのような素材を使用して家を建てようか悩んでいる方は多いと思います。

その中で、自然素材は常に人気がある素材なので、気になっている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、自然素材は使うべきかどうか、利点と欠点を紹介しながら解説します。

 

□注文住宅における自然素材とは?

 

まず、自然素材とはどのようなものなのか解説していきます。

自然素材とは言葉通り、自然にあるものに由来した素材のことです。

例えば、スギやヒノキなどの無垢材や漆喰や珪藻土などの壁材があります。

つまり、人工的に作られていない、そのままの純粋無垢な素材であるということが言えるでしょう。

 

人工的に作られている素材と比較した場合、温もりや柔らかいイメージがあります。

また、私たちの体にとって有害な物質も含まれていないので、健康を害さないです。

そのため、小さなお子様がいらっしゃるご家庭や、高齢者の方などには特におすすめです。

 

また、無垢材は鉄やコンクリートよりも長持ちすると言われているため、とてもコストパフォーマンスがいい素材でしょう。

 

□自然素材を使った注文住宅の利点と欠点をご紹介します!

 

自然素材の特徴をある程度理解できたところで、次に自然素材の種類ごとに利点と欠点を見ていきましょう。

ここでは漆喰、珪藻土、天然リノリウム、無垢材をご紹介します。

それでは1つずつ解説していきます。

 

*漆喰の利点と欠点

 

漆喰は主に石灰石からできており、壁に塗る塗料として使われることが多いのが特徴です。

 

主な利点としては、調湿機能を備えていて、湿度の調整をしてくれたり、冬の乾燥を防いでくれたりします。

また、燃えない素材であるので、防火対策の効果もあるでしょう。

さらに、壁に塗った後に少しずつ時間をかけて硬くなっていくので年月が経っても劣化しにくく、塗りたての頃と見た目があまり変わりません。

 

反対に欠点として、壁を塗る際に「養生、下塗り、仕上げ」のように工程がいくつかあるので工期が長くなる傾向にあります。

それに伴って工費も割高になる場合が多いです。

 

*珪藻土の利点と欠点

 

珪藻土はプランクトン化石のことで、こちらも壁用の塗料として使われます。

利点としては非常に優れた湿度調節機能を持っていることです。

また、珪藻土自体が湿気を吸い込んだり、放ったりすることで、部屋の中の臭いを吸収し、脱臭、消臭してくれるのも大きな利点でしょう。

 

つまり、夏や冬でもダニやウィルス、カビなどが発生しづらい環境を作ってくれるということです。

さらに、音も吸収する機能を持っており、室内の音が外に漏れないことも大きな利点と言えるでしょう。

 

反対に欠点としては、乾燥した場合ひび割れする可能性があることです。

また、工期が長いこと、工費が少し高めであることなどが挙げられます。

 

*天然リノリウムの利点と欠点

 

天然リノリウムは主に床材として使われており、コルク粉、松樹脂、石灰岩などが原料の素材です。

利点としては燃えにくいことがあり、万が一燃えたとしても有害物質が発生しません。

また、耐久性にも優れているので傷がつきにくいです。

さらに滑りにくいので、部屋の中を走り回る子供がいても安心できるでしょう。

 

反対に欠点としては、施工直後に天然リノリウム特有の油っぽいにおいが生じてしまいます。

また、アルカリ性に弱いので、掃除をする際は中性の洗剤を使用するように注意しましょう。

 

*無垢材の利点と欠点

 

無垢材は原木を使いやすい大きさにした天然の木材で、主に床や家具に使われます。

 

主な利点として、触り心地がよく、年月が経過するにつれて、美しくなっていきます。

また、断熱・保湿効果があるため毎日を不便なく過ごせるでしょう。

それだけでなく、湿度を調整することにも秀でています。

また、リラックスできる香りを発してくれることも大きな利点です。

さらに、ダニやカビの発生を防げるので、空気をきれいなまま保てるでしょう。

 

反対に欠点として、経年変化により、色が変わっていきます。これは長所と考えることもできます。

そのため、無垢材を使用する時には、それぞれと特徴を理解しましょう。

そうすれば、大きな問題はありません。

 

□自然素材を長持ちさせよう

 

ここまでで、自然素材が魅力的であることはご理解いただけたと思います。

ここからは、自然素材をいい状態で長持ちさせる方法について解説します。

長持ちさせるにはきちんとした手入れが必要になってきます。

 

例えば、無垢材のフローリングであれば水拭きではなく、乾拭きをしましょう。

また、珪藻土に傷がついた場合はヤスリで軽く滑らかにすることで、目立たない傷にできます。

このようにそれぞれ正しい手入れをすれば長持ちさせられるでしょう。

 

□まとめ

 

ここまで、自然素材とは何か、また利点や欠点について解説しました。

現在注文住宅を考えている方は、選択肢の1つに入れてみてはいかがでしょうか。

また、当社では自然素材を生かした注文住宅を建てていますので、倉敷で注文住宅をお考えの方はお気軽にご相談ください。