私達、業界人も特別な意識をもたないで、
同意語として使用している場合が多い言葉です。

実際には、それぞれに定義がある様です。

ベランダ:一般的には、二階以上の階にあり、建物から張り出しが有り、
     ある程度の雨風がしのげる屋根が有るスペースの事を呼んでいる様です。

バルコニー:ベランダと同じスペースをいいますが、屋根が無い場合を呼ぶようです。

特別に意識して使い分けする必要はないのではと、私は思っています。

仕様・デザイン等、建物全体のデザインとのバランスを考えての設計に注意しています。

特に重要視しているのが、大雨時の排水対策です。

当然の事ですが、排水口は必ず設置しますが、
必ず二カ所にするようにしています。一カ所だけだと、
そこがなにかの都合で詰まることがあるからです。

詰まってしまうと、ベランダがプールに早変わりしてしまうからです(笑)

その後はご想像に・・・。


















 

次の写真は、特殊な例ですが、天然木が大好きなお客様のご希望のより、
全ての素材を、桧の天然木で仕上ました。
















風雨にさらされる屋外ですから、経年劣化は覚悟の上です。
そのために、お客様とも十分な打合せをしたうえで、
腐敗防止の為の対策は考えつく全てを実施しました。
内容は企業秘密です(笑)

次の写真は、新築後 10年経過した状態です。

































今後の手入れについて打合せに伺った時、撮影しました。
お客様の努力により、ほぼ新築当時によみがえっているはずです。

ベランダ・バルコニーともに、
使用目的をよくお考えいただいた上での設置をお勧めしています。

折角費用を投資したのに、
単なる外観上のデザインだけになってるケースも・・・・。
念の為。










































営業部  藤井