無垢の木のデメリットのひとつに、乾燥中に割れが入ったりする事です。

特に板目(木目)に入ると目立つので、現場監督は使ってくれません。

そこで、割れているところを切って、再度貼りあわせてみました。
柾目の部分で貼るのは、目が通るので貼った所が分かりにくいのですが、板目の部分は、目がズレるので、貼った所がすぐわかってしまいます。

 

が、下の写真のように上手く貼れれば、どこで貼ったか分かりにくいでしょう。

 

いつも、このように上手くいくとは限りませんが、貼っても自然に近い様になる努力をしております。


資材課   三宅