こんにちは、資材課の三宅です。

 

木について調べていると、カーボンニュートラルと言う言葉に出会いました。

 

勉強不足で ? だったので調べてみました。

 

一般に物を燃やすと、温室効果ガスである二酸化炭素(CO)が発生します。

 

が、自然界にあるバイオマスと呼ばれるもの(木や草、穀物など)を燃やしたときに発生するCO2は、元々、大気中のCO2を植物が光合成により取り入れたもので、CO2は、大気に戻っただけとの考え方。

 

つまり、大気中のCO2の増減はなく、循環しているだけとの考え方です。

 

 

化石燃料も、もとはといえば古代の植物や動物が変化したものですが、数億年も前に吸収されたCO2なので、現代の大気に放出することは、太古の昔に封印したCO2を現代の大気に放出して、CO2を増やしてしまうということです。

 

 

温暖化を抑制するのには、地球規模で林業に力を入れて、植林、間伐(手入れ等)、伐採のサイクルで、自然の力を借りなければなりませんね。(他には、太陽光、風力等も)