木材はたくさん孔を持った細胞でできており、
周辺の環境に応じて、空気中の水分を吸収したり、
放出したりして、呼吸しています。

この特性により、室内に無垢の木材を用いると、
乾燥しているときには水分を放出し、
湿っているときには吸収してくれるので
室内の湿度変化の幅は小さくなり、
快適に過ごすことができます。

特に日本の杉・桧は調湿効果が高いと言われています。


↓杉の木を腰板に使用したリビング





















営業 西森