リビングルームの延長線又、
コーナー他に畳敷の部分が欲しいのですが?
最近では、古来よりの日本文化ともいえる畳の事が忘れられたのか、
畳敷のお部屋の無い住宅が多くなってきましたが、
ホームセンターでも、置き畳が販売される様になり、
改めて畳をみなおされるお客様が増えてきたように感じます。

日本古来よりの考え方に、畳敷の部屋は上座との考え方が有り、
床面より少々高くしたいとのご希望があり、
1215㎝程度の小上がりにする事が大半でしたが、
最近では、生活スタイルの変化により、
バリアフリー形式も増えてきました。

以下、事例をご紹介いたします。























床面より15㎝高くして、床の間を付けました。






















バリアフリーにして、リビングルームの延長としての開放感を求めました。
























やや高めの高さにして、コーナーに大黒柱。

出窓を付けて、飾り棚に。掛け軸も掛けられます。

少々贅沢な造りでしょうか?

































ベンチ式に、座れる高さにして、
畳の下に引き出し収納を取り付けました。

結構便利かも?オープンにも可能です。

前例同様コーナーに大黒柱を設置して。

この形式の場合のご注意ですが、構造上の制約により、
天井が少々低くなるケースが多いです。いずれの場合も、
使用目的を、新築される今現在だけではなく、
長いスパンでよくよくご検討と、ご相談をお願いいたします。


営業部  太田