明るくて、広々としたリビングにし、
開放的な空間にしたい。























ロフトが欲しいので屋根裏空間を吹き抜けにできないか?。



















キッチンを中心に、
閉鎖的になりがちな二階での家族全員の息づかいが、
聞こえるようにはできないか?



























と、お客様によってご希望される表現は色々です。

過去に比べると、各種基準による構造上の制約が多い為、
吹き抜けをご希望の場合は、打合せの早い段階でを、
お願いしています。

特に耐震等級3での性能評価をご希望の場合には、
ご期待に沿えないケースもあります。
又、必ずご検討頂かなくてはいけないのが、
真冬の暖房対策です。

御存知の通り、暖かい空気は軽くなって、
上に上に上がります。

したがって、大きい吹き抜けを造ると、
せっかく暖めたものが、上の階に上がる事になります。

二階には、暖房がいらなくなるケースも・・・。(笑)

いくら暖房をしても、足元が冷え冷えとしてしまいます。

その対策としては、床暖房の効果が期待出来そうですが、
対費用効果は・・・?

真夏は逆に、二階の風通しに配慮した間取りをお勧め致します。

全館冷暖房をご検討のお客様には大きなお世話かもしれませんね。

































古民家再生工事により、二階の床梁を化粧に表して、
吹き抜けにし、二階に付けた大きな窓の効果により、
明るく蘇りました。



































増改築工事により、中二階の屋根裏を吹き抜けに。
薪ストーブを設置する事で、真冬の暖房対策。

二階の寝室にも熱を取り込む工夫をしました。


営業部  太田