今日は敷居(戸などが付いている下枠)の加工をしました。

写真右の白っぽい方はひのきで左の濃い色の方はチークです。


ひのきは湿気に強く、適度なかたさで温かみがあり、香りがいいです。

大抵、敷居はひのきでいきますが、今回は床の一部がチークのフローリングなので、その部分には、加工場にわずかに残っていたチークを使用しました。

チークはかたく、くるいが少なく耐久性があります。


どんな感じになるか、取り付けられたものを見るのが楽しみです。



資材課 磯田