私の妻は、神社仏閣巡り(御朱印集め)が好きで、よくかり出されます。()

先日の休みに、誕生寺(久米南町)へ行った時、御神木のイチョウの木とムクの木がありました。

 

 ⇧椋(むく)の木

 

 

⇧銀杏(いちょう)の木



イチョウの木は、皆さん良くご存知のように、街路樹として道路脇に植えられています。

森本工務店の近くの幹線道路にも植えられていますが、秋になり、葉っぱが黄色くなる前に、ばっさりと枝を切り落とされています。

 

大量の落ち葉の掃除が大変なのと、落ち葉で車がスリップして、事故にならない為らしいのですが、いまいち、おもむきがないのが残念です。

 

実のギンナンは、好き、嫌いが分かれると思いますが、体に良くない成分がありますので、一度にたくさん食べないようにして下さい。


ムクの木の葉っぱには、表も裏にも細かな剛毛があります。
 乾燥させると、紙ヤスリの代わりになるそうです。


イチョウの木は、碁盤、将棋盤、彫刻材、まな板などに、ムクの木は、道具類、楽器類など使われるようです。


どちらの木も、森本工務店では、ほとんど使いませんが、イチョウの板木は、1枚あります。

 
資材課   三宅