代々150年にわたって住続けて来た母屋の、痛みが進んで来た。

子供達も独立して、今は、夫婦二人住まいなのだけど・・・・。

両親からは、建て替えは考えないで住み続ける様にいわれている・・・。

自分たちは、離れを新築しているので、不便は無いのだけど・・・。










お客様にとっては、大変切実なお悩みでした。

まず、再生工事と建て替え工事での、両方での計画書のご提案から始まり、
途中からは、息子様お二人にも参加をお願いして、
3年に渡って打合せを繰り返しました。

打合せ経過にて、既存部分の調査をすすめていきましたところ、
軸組、屋根他、150年の間に、何度もの修理がされており、
何代にもわたって大切に住まれていた事がわかりました。

















お客様も、その状況を見、重ねていくうちに・・・。

「無理なお願いですが、両方での見積をお願いできませんか?」とのお言葉を頂き、
見積をさせて頂いたところ、ほぼ同金額になりました。

その後、ご家族にてご相談の上、再生工事をさせて頂く事となりました。

最近では、時代の変化、価値観の多様化により、
解体しての、建て替えが増えてきているようで、
少々残念です。今では、入手困難な素材が、
焼却されてしまうのは・・・。












営業部 藤井