メーカーのカタログでも、積層材と明記してあっても、実際には集成材であることが多い今日では、あまり明確な区別をしなくなっています。

私も同じようなものと思っていましたが、実際には明確な区別があります。



 集成材とは、・・・ 

   厚めに挽いた板、又は小角材の繊維方向をほぼ平行にして、
   長さ、幅、厚さ方向に集めて、接着したもの
です。



 ◎積層材とは、・・・

   薄めに挽いた板を数多く重ね合わせて接着したものです。



但し、一般的に言う合板の過程で作られる単板積層材(LVL)は、除くそうです。

どちらも、材料となる板の厚さなどの違いはありますが、無垢材ではとりにくい、幅広の板や長大材や湾曲材など自由な形状、寸法の部材をつくることができます。

集成材には、集成材の良さを、無垢の木は、無垢の木のよさを生かして、森本工務店は家造りをしています。

資材課   三宅