リフォーム工事でも 古民家再生と呼ばれる工事でも
その計画は取捨選択の繰り返しです。
どうしてもやり替えたいもの、そのままにできるもの、
どこまで工事して?何を工事しないか? ご予算もありますし。
 

例えば 『雨樋』 
やり替えてもやり替えなくてもそんなに、、 と思われがちな
地味な存在です。 

before

しかし 劣化し破損した樋がある場合、 そのままにしておくと
外壁に直接 雨がかかり、建物を傷めてしまいます。
キチンと雨水を流して建物をまもる、重要な役割を担っていますし
軒先の景観を引き締めるデザイン性もあります。地味ですが。

after








樋のやり替には 足場費用が掛かります。
外壁の塗り替をご検討中の場合は、足場を設置するついでに
樋の交換はいかがでしょうか?とお訊ねしています。
足場費用が節約できますから。

設計課 岡田